にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

KAJ FRANCK【カイ・フランクへの旅】




【本厚木】新店舗スタッフ募集中





久々におすすめの本の紹介です。


KAJ FRANCK【カイ・フランクへの旅】
”フィンランドデザインの良心の軌跡をめぐる” 小西亜希子:著 


DSC08957 のコピー



カイ・フランクと言えば、言わずと知れたキルタシリーズやその後継のティーマがあまりにも有名。



これらはカイ・フランクを知らずとも、北欧好きなら一度は目にしたことのあるキッチンアイテムではないでしょうか。



シンプルなデザインほど難しいと言われる中、カイ・フランクは「色は唯一の装飾」とし、普遍的かつ、人々の生活にとけ込むシンプルデザインを世に多く輩出してきました。



それら、カイのデザインは、時代を超え、国境を超えて人々に愛され、今もなお、輝きを失せてはいません。





そんなカイ・フランクの生い立ちや人間性、思想などが余すところなく描かれた内容は、一見の価値ありです。






ちなみにこの本には、僕にカイ・フランクを教えてくれた友人、【北欧家具talo】の主宰、山口太郎氏もインタビュー記事で載っております!




ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。




読んでみたい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Category : 書籍
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

価値なき物に価値付けする




【本厚木】新店舗スタッフ募集中






世の中には、大衆が見向きもしないものが溢れかえっていますが、それら誰の目にも止まらないようなものから、価値を作り出すほど、すばらしい事はないのではないか、そう最近思っています。



もちろん、そこに価値を見いだすことなど、そう簡単ではないでしょう。




DSC08825 のコピー





たぶんそれは芸術家であるとか、本物を見抜ける眼力を持っている人だけに備わった能力ではないでしょうか。



しかしながら、それら無価値に思われたものが、彼らの力によって、人々が振り向くことも十分にありえるのも事実です。



先日、山梨のsnorkさんを訪れた際、古民家のリノベーション前の写真を見せていただきました。



それはもう誰の目にも、廃墟同然の有様で、とてもではないですが、生まれ変われる(価値を見いだす)ことなど、想像すらできないものでした。



DSC08794 のコピー




しかし、それが彼らの手によって、誰もが憧れるほどの、見事な空間に生まれ変わったのです。



結局、最後に人間の力が問われるとするのならば、それは創造性と想像力なのではないか、それは、AIやITのような最先端の技術を持ってしても超えられないのではないか、そう思えてなりませんでした。



それはまさに芸術というべきものであって、その芸術を喪った社会(国家)には、無機質で合理的で、薄っぺらいものしか残らないような気がします。



DSC08834 のコピー




こういった価値なきものに、人間の力を持ってして、価値を付けてこそ、社会の豊かさ、活力というものが生まれてくるのだと思います。




価値は作れる?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

奇跡の光景!!




【本厚木】新店舗スタッフ募集中






DSC08908 のコピー




以前にも紹介させていただいた、激レアアイテム、finmarのブラック塗装のstool60がなんと3本も!



Alvar・aaltoのstool60の中でも、トップピースと言われているのが、通称サンドウィッチと呼ばれるハーフファブリックタイプのもの、さらにスウェーデン製、そして今回のfinmarものがありますが、その中でも、なかなか国内でお目にかかる機会のないものが、今回のfinmarブラック(オリジナル塗装)。


DSC08878 のコピー





以前に紹介させていただいた山梨にあるフィンランド家具のセレクトショップ、【snork】さんからお預かりさせていただいたこともあり、こうして3本同時に目にすることが出来ました。




DSC08905 のコピー





おそらく、今後、このような光景を目にする機会はもう無いと思うので、しっかり目に焼き付けておきたいと思います。








これは奇跡だ?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

新店舗計画(3)上棟編




【本厚木】新店舗スタッフ募集中







基礎も終わり、いよいよ上棟です。


DSC08761 のコピー


最近は工場でプレカットをしてくるんで、本当に早い。




DSC08786 のコピー




あっという間に上棟してしまいました。




DSC08787 のコピー



こちらはエントランスからの眺め。


スキップフロアや天井や根太、間柱も出来てきて、なんだかちょっと興奮。




DSC08791 のコピー



こちらが2Fの家具の展示スペース。まあ、ちょっと狭い気もしますが、、、、笑




完成が待ち遠しい限りです。




早く全貌がみたい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

家の中で家具が浮くは正解!




【本厚木】新店舗スタッフ募集中






よく、名作椅子を紹介すると、「うちの家にこんなオシャレな椅子が来たら、浮いちゃうよ」と言う方がいます。


はい、その通り、浮くでしょう。でも浮く事は悪い事ではないんですね。



むしろ、最初から浮かないことの方が問題なのです。




なぜならば、浮かない=今までの家具と同レベルであって、浮くことこそ、成長(おしゃれ)の条件になるからです。




DSC08684 のコピー




以前にも話しましたが、本物の家具は、【悪しき家具を排除する】ものなのです。



なので、最初は必ず浮きます。それだけが輝いて見えて、それ以外が、いまいちに見えてしまいます。



だからこそ、その最初のひとつが大事になってくるのです。
※ここで合うものを選んでしまうと、今までと何も変わらないレベルに落ち着いてしまいます。



もし、本気でオシャレな空間を目指そうとしたら、ここのプロセスは避けて通れません。



ぜひ、勇気を持って、【浮かせて】ください!




浮くとこそ正解!なのですから。




家具は浮いていい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback