FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

SX-70(9)

幼い頃、ミニカーで遊ぶのが大好きだった。その中でも、ミニカーから超合金ロボットに変身するおもちゃがお気に入りで、塗装が剥げるまで遊んだ。


そんな幼い頃の楽しかった記憶を想い起こさせてくれるのが、このSX−70だ。


DSC03028.jpg



弁当箱のような形を開くと、メカメカしいカメラへと変貌を遂げる。そこから機械的な音を立てながら、即席のフィルムが送り出されてくる。


なんともノスタルジーな興奮がそこにはある。


こいつを初めて知ったのは嫁さんの趣味がきっかけだ。


実はうちの嫁さんは元写真部。女性には珍しく?写真を撮る事もカメラ自体も好きな人だった。



その嫁さんが、当時一番ハマっていたのがポラロイドだった。



僕はそんな彼女を喜ばせようと、結婚して初めての誕生日で、これをプレゼントしたのだ。


それから数年が経ち、ポラロイドのフィルムが販売停止になったとことを知った。それ以降、このカメラには夫婦共々触る機会が無くなり、ただの飾りと化してしまった。


しかし、最近になって新たなフィルムが販売されることになった。


僕は久々にこいつで写真を撮りたくなり、新たなフィルムを買った。ところが何年も放置していたSX−70は、以前のように元気に動いてはくれなかった。


きっと、僕らがしばらくの間、愛情を注いでこなかったことで、彼の機嫌を損ねてしまったのだろう。


結局、人でも物でも、最後は自分が注いだ愛情に対し、良くも悪くも素直に応えてくれるものではないのか。


僕はこれを機に、今一度そう考えさせられることになった。


もう一度、彼の機嫌を取り戻すべく、近々修理に出す予定だ。






記事が面白いと思った方、ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと押して下さい↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Category : 小物
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/9-6b1a1391
該当の記事は見つかりませんでした。