FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

緑と暮らす(番外編)


DSC08997.jpg



家具コレクターで建築家の故宮脇檀氏が、引っ越しの際に、是が非でも持っていきたい物があると言った。



それは、名作家具でも何でも無く、たった一つの「観葉植物」だったのだ。


DSC08995.jpg



いくら名作家具があろうとも、所詮は人工物でしかない。人間の暮らしとは、常に自然との共存であって、それなくしては、どこか味気ない物になってしまうと宮脇氏は考えたに違いない。



我が家でも、そんな観葉植物は名作家具を引き立たせ、暮らしを充実させるのに一役買っていると思う。



DSC08947.jpg



もちろん、観葉植物も厳密に言えば人工物だ。特に盆栽など恣意的に、また緻密に人間が生み出したものであることは疑いようもない。




ただ、例えそうだとしても、「緑」が人々に与える安らぎというものは、完全な人工物では決して補えないものだ。



きっとそれは、人間と自然との間には、まるで魚と水のように、切っては切り離せない関係があるからではないだろうか。


DSC09000.jpg



インテリアにおいても、名作家具の脇に緑を置くだけで、雰囲気が一変するし、なにより華やかさが増す。



そう考えると、世界のトップデザイナーですら、実は自然界が生み出す物には決して勝てないのではないか、とすら思ってしまう。



DSC08429.jpg




それだけに私たちは謙虚さを持って、自然に配慮しながら生きなければいけないのだな、と痛感させられるのだ。


『現在のランキング順位はこちら』



記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい大変励みになります♫


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【雑誌掲載のお知らせ】

 4月11日発売

4056104247.jpg

「北欧の雑貨とインテリア」
 学研パブリッシング


 取材の様子はこちら
「北欧の雑貨とインテリア」の取材(番外編)



デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

スポンサーサイト



Category : 未分類
Posted by デザインパパ カーツ on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

yoko says...""
こんにちは。
いつも更新楽しみにしています。
植物の存在、インテリアには重要ですよね。
我が家は緑少なめ、今回読ませていただいて、増やしていきたいな
と感じました。

いつもカーツパパさんの、物を選ぶ目、そして文章、さすが執筆活動
なさっている方だな、と羨望の眼差しで拝見しております。

いつかお店にも伺ってみたいな、と思ってみたり。
これからもブログにお仕事、子育て、がんばってください。
2014.05.23 05:55 | URL | #JalddpaA [edit]
says..."コメントありがとうございます。"
ありがたいコメント大変、励みになります。
都会では自然も少なくなり、人と自然とが分離されつつあります。自然を愛する事は思いやりとも繋がりますし、子供の人格形成には非常に大きな役割があると思います。
お店の方にもぜひご来店いただければ、嬉しく思います。
2014.05.23 10:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/84-0b335f3e
該当の記事は見つかりませんでした。