FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

イルマリ・タピオヴァーラのピルッカスツール(75)


DSC08599.jpg



数年前までは、ヴィンテージの味わいがある椅子を、ただのボロい椅子としか見ていなかった僕が、今では至極のアートピースとして賞賛しているのだから不思議なものだ。


そんな僕のコレクションの中でも一番ボロい?のが、この50年代のピルッカスツール。



塗装もリペアされておらず、レグのはめ込みの修正も一切行っていない。



だから、座れば軋むし、万が一勢い良く腰掛けでもしたら、緩んだレグに圧力が掛かって折れかねない。



また、曲線を構成する集成部分のひび割れもなかなかのものだ。



DSC00344 のコピー





それでもひとたび部屋に置き、本でも重ねてみれば、突如として爆発的なオーラを発してくる。



もちろん、置く場所やコーディネイトの仕方次第では、ただのボロい椅子にしかならないかもしれない。



しかし、その使い方次第では、どんな椅子にも負けない美しさがあるのもまた事実だ。




DSC08646.jpg




それは歴史が刻まれたが故に発する、ヴィンテージならではの奥行き感のある美しさなのだろう。




最近ではカントリー風やアールヌーヴォー風や北欧風など、数多くの「風」が出回っている。



確かにそれらは一見、それっぽく見えるのだが、そこには奥行きが無く、薄っぺらいのだ。


「風」は言い換えれば「かぜ」でしかなく、ふわっとその瞬間を流れ行くだけで、このピルッカスツールのように時代が変わっても、一切場所を変えずに鎮座できるだけの重量感と安定感がないのだ。



DSC08587.jpg




もちろん、「風」が全て駄目だと言っているわけではない。時と場合によっては、ありだとは思う。



しかし、この圧倒的な重量感を前にしたとき、それらはやはり「風」でしかないのだな、と頷かざるをえないのだ。



これこそがきっと歴史が織りなす重み(伝統)なのだろう。




それだけに、このピルッカスツールを眺めていると、僕らは決して現在(現代)だけを生きてはいないのだなぁと痛感させられるのかもしれない。





記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)を押して下さい大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【雑誌掲載のお知らせ】

 4月11日発売

4056104247.jpg

「北欧の雑貨とインテリア」
 学研パブリッシング


 取材の様子はこちら
「北欧の雑貨とインテリア」の取材(番外編)



デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」


スポンサーサイト



Category : 家具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/80-74c49ce4
該当の記事は見つかりませんでした。