FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

北欧ブームを考える(番外編)


DSC08635.jpg




先日、あるウェブマガジンの取材を受けました。


今回は、「北欧ブーム」について、日本と北欧の共通点を踏まえ、「過去」「現在」「未来」とそれぞれを分けつつ、またそれらが線上にどうあるのか、ということについてお話させていただきました。




ざっくりと、そのときの会話を書き出してみました。




過去とは?


カーツ『今まで先人が築きあげてきた、「歴史、伝統、文化」といった物で、例えば、嫁入り道具として桐のタンスを受け継ぐといったような、伝統的文化の継承が日本にも「過去」にはあった』


『そしてそれが、敗戦、高度経済成長期と進歩主義により、二度に渡って分断されてしまった』






現在とは?


カーツ『その「過去」を今、ある種、懐古的に日本人が求めているのが「現在」であって、それが形を変えて、似た文化であった北欧に魅力(シンパシー)を感じているのが北欧ブームという現象ではないか』



『しかし、それは本来ならば、「自国で賄う」べきであると思うのだが、残念ながら、二度の分断によって、匠や職人が激減した今、それを賄うのは自国だけでは不可能であり、グローバルな中で必然的に北欧が選ばれたのだろう』







未来とは?


カーツ『この現在の北欧ブームは、自国のそういった文化的な物が、復活しうる布石である可能性もあり、そう考えた時、北欧ブームには、日本の文化の、「過去と未来を繋ぐ接着剤」的な役割があるのではないか』



『そういう意味において、僕はこれをブームという一過性の物で終わらせず、きちっと未来に対し、「自国で」というところまで繋げることが重要だろうと考えている』



『そしてそれをどう子供たちに伝えていくかを、デザインパパカーツの活動の一環として提案していければと思っている』




『現在のランキング順位はこちら』



記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい大変励みになります♫


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【雑誌掲載のお知らせ】

 4月11日発売

4056104247.jpg

「北欧の雑貨とインテリア」
 学研パブリッシング


 取材の様子はこちら
「北欧の雑貨とインテリア」の取材(番外編)



デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/77-292d2e08
該当の記事は見つかりませんでした。