FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

V・パントンの時計(70)


V・パントンが特別好きなデザイナーか、と聞かれると、そうでもないのだけど、なぜか不思議と我が家やお店には、そのパントンのデザインが溢れているから不思議だ。


このパントンの魅力を僕は上手く言い表す事ができないのだけど、あえて言うのならば、「わかりやすいオシャレ感」だと思う。



DSC08215.jpg




例えば僕が一番好きなアルヴァ・アアルトのデザインなどは、はっきり言ってわかりづらく、またそうであるからこその奥行きのようなものがあって、飽きが来ないのだが、それに対し、パントンのデザインは、見た瞬間からときめきを感じるような、わかりやすさと瞬発力がある。


これを良しとするか否かかは個人によるとは思うけど、どうやら僕の場合は、そのときめきによくやられるらしい。



DSC08216.jpg


もちろん、その後、パントンのデザインに飽きてしまう、ということも無いのだけど、かといって、すごく思い入れが増すわけでもない。



なんとも複雑な心境で、大絶賛も出来なければ、否定もできない存在がパントンのデザインなのだ。


この時計もそんなパントンデザインなのだが、とにかくひとたび壁にかければ絵になる!


DSC08217.jpg



写真を見ていただいてわかるように、きっと誰の目にもオシャレに映るのではないだろうか。


そういう意味では、パントンのデザインは一環しているように思えるし、これだけ大勢の人にときめきであったりを与えられる存在であることの素晴らしさは賞賛に値するだろう。



だからこそ、我が家には、このパントンのデザインが溢れているのだろうな、と漠然と思うと同時に、そういう存在が部屋全体のレベルを底上げしてくれているのではないか、と僕は思っている。


記事が「イイネ!」と思った方、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー(北欧モダン)を押して下さい↓↓↓大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【雑誌掲載のお知らせ】

 4月中旬発売予定

「大好き北欧雑貨&インテリア2」
 学研パブリッシング

 取材の様子はこちら
「北欧雑貨&インテリアの取材」(番外編)



デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

スポンサーサイト



Category : 時計
Posted by デザインパパ カーツ on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ソフィー says...""
こんにちは!すごく素敵な時計ですね!
V・パントン・・。私も欲しくなってしまいました。
正式名称はなんて言うんでしょうか?V・パントンで調べてもヒットしなくって。
宜しければ教えて頂けると嬉しいです(*^_^*)
2014.04.13 20:42 | URL | #- [edit]
デザインパパ カーツ says..."Re: タイトルなし"
ヴェルナー・パントンですね♫ 確か、記憶が正しければ、ミットセンチュリーモダンさんから出していたような気がします。記憶がうる覚えなので、正確ではないかもしれませんが。。。
2014.04.16 12:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/73-0dd21fab
該当の記事は見つかりませんでした。