FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

アルヴァ・アアルトのハンガーシェルフ(66)


驚かれる事もあるが、実は我が家のリビングには収納が一切ない。


僕の持論として、収納の量が増えるのに比例して物も増えてしまうと考えているからだ。


DSC07953.jpg


人の心理として、収納が少なくとも多くとも、その収納を目一杯使う傾向にある。


特に、家を新築したり、引っ越したりしたばかりだと、収納にまだ空きがあると油断し、物を買う時にも、さほど熟考せずに買ってしまったりするわけだ。



しかし収納が少なければ、一つ一つの物を買うのにも、慎重にならざるを得ない。いわゆる、本当に気に入ったものだけを買う(残す)ようになるのだ。



そういう意味において、我が家は極限まで収納を減らしたのだが、その結果、後になって必要不可欠なものが無いのに気がつくという、ちょっとしたハプニングもあった。



それは玄関収納だ。コートや帽子、鞄はもちろんのこと子供の水筒にいたるまで、結構玄関には物が溢れてしまう。



そんな玄関周りを何とかオシャレにできないか、と考えた結果に選んだのが、このアルヴァ・アアルトのハンガーシェルフだった。


DSC07936.jpg



ブックシェルフ同様に、このハンガーシェルフもアアルトらしさがありながらも、強い主張はせず、飾るものを引き立たせてくれる。



飾れる収納、見せる収納を心がけている僕としては、これ以上ない選択だった。



DSC07947.jpg




当然、ここに飾る(置く)ものは、それなりのクオリティーでなければならない。収納が少ないということのメリットは、そういった物を厳選するという作業が必要不可欠となり、結果、美しいものが増え、美しくないものが減ると言うことに繋がるのだ。



物が溢れ、氾濫する今の世の中だからこそ、こうした「厳しい選択」という意識がより必要になっていくだろうし、そのためにもあえて、「収納を減らす」という観点が効果的ではないか、と僕は考えている。



記事が「イイネ!」と思った方、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナーを押して下さい↓↓↓大変励みになります♫
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【雑誌掲載のお知らせ】

 4月中旬発売予定

「大好き北欧雑貨&インテリア2」
 学研パブリッシング

 取材の様子はこちら
「北欧雑貨&インテリアの取材」(番外編)



デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

スポンサーサイト



Category : 家具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/69-d700ceab
該当の記事は見つかりませんでした。