FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

アルヴァ・アアルトのデスク(57)


DSC07243.jpg


僕は基本、男に書斎は不要だと今まで言ってきた。しかし、当の本人がちゃっかり書斎を持っているではないか、としばしば指摘されることもある。


実際に、僕が家を建てる際に、僕個人の部屋を作ったのは事実だ。



しかし、それがイコール書斎なのか?と聞かれれば、僕はそこで仕事をするわけでも、本を勤しむこともないから書斎と断定もできないのではないか。



では、何をするための個室なのか?と言えば、まあ、男の事情としか答えられないのだが(勘の鋭いみなさんにはお分かりかもしれないが)、一つ例を出すのならば、人は誰かと一緒にいる事で心が落ち着く反面、常に誰かと一緒にいることもまた、窮屈に思えてしまう生き物だということだ。


それだけに我が家には子供も含め、小さなスペース(三畳や二畳)ではあるがそれぞれの個室を設けてある。


家族と言えども、ある一定の距離感というものが必要というのが僕の持論であって、書斎が不必要という持論と矛盾しているわけではないのだ。



前置きが長くなってしまったが、そんな僕の書斎ならぬ個室に鎮座するのが、このアルヴァ・アアルトがデザインしたデスク。


DSC07247.jpg



製造はご丁寧に1961年と鉛筆らしき物で裏に書かれているからその近辺なのだろうが、古い割に状態も良く、何より収納など使い勝手がいい。




また、初めはブラックのリノリウム天板は、部屋が地味になりすぎるのではないかと懸念したが、結果、シックで大人っぽい印象になって良かったと思う。



DSC07250.jpg




ただ、わざわざここに、このアアルトのデスクが必要なのか?と根本的な問題を聞かれれば、きっとほとんど無い、と答えざるを得ないのも事実(正直、使っていない)



しかしそこは男の個室。巷では男の個室はトイレだけ、という中、せっかくあるのだから自分の好きな物に囲まれて、気持ちよくすごしたいじゃありませんか。




と言う事で、最近は、「男達よ、書斎ではなく個室を持て!」と僕は訴えている。





記事が「イイネ!」と思った方、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナーを押して下さい↓↓↓大変励みになります♫
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



 cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ




他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ




【雑誌掲載のお知らせ】

 4月中旬発売予定

「大好き北欧雑貨&インテリア2」
 学研パブリッシング

 取材の様子はこちら
「北欧雑貨&インテリアの取材」(番外編)

スポンサーサイト



Category : 家具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/58-d2387fc5
該当の記事は見つかりませんでした。