FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

陶芸作家 宮崎和佳子さんの器(4)

自慢ではないが、18歳で一人暮らしを始めてから、僕は石けん置きというものを使った事が一度も無い。


正直、石けんをむき出しにして置く事に抵抗がなく、石けん置きを使うという概念そのものが欠如していた。


そんな僕が新居を建てたことを期に、この石けん置きに悩まされることとなった。


今までの賃貸ぼろアパートの洗面台と違い、オシャレになってしまった洗面台には、石けん直置きは、明らかに不釣り合いだったのだ。


そんなこともあり、そんな新しい洗面台に合う、美しい石けん置きはないか?


多くの雑貨店やらインテリアショップを探してみたけど、なかなかしっくり来るものがなかった。




そして数ヶ月もの間、直置きを続けていたある日、



DSC04989.jpg




茅ヶ崎のギャラリーOKEBAで、陶芸作家の宮崎和佳子さんの器に出会った。





独特のフォルムや風合い、質感、まさにこれこそ新たな洗面台にふさわしい石けん置きではないか!



僕はその器に石けんが置かれていることを想像した。それは素晴らしい絵だった。



きっと、作家さん的にはお刺身とかをちょこんと置く用に作ったのかもしれない。



しかし、使い手の感覚や想いによって、その用途と、まったく違う使われ方をしても良いのではないか、



むしろ、そうやって様々なアイデアが生まれることによって、より生活が豊かになって行くのだと僕は思う。






記事が面白いと思った方、ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと押して下さい↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Category :
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/4-d3e143fd
該当の記事は見つかりませんでした。