fc2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

Alvar Aalto ArmChair401(Hedemora for Finsven )×Kvadrat(135)



今回は希少なスウェーデン、Hedemora(へデモラ)工場で制作されたアアルトの名作、ArmChair401に、デンマークの高級生地メーカーであるKvadrat(クヴァドラ)のmohair生地を二色使用して張り替えました。




アームチェア401へデモラのコピー




基本的に、ArmChair401はフィンランド製とスウェーデン製の見た目がほとんど変わらず、判別しづらいと言われていますが、ph.dさん協力の元、内部のスプリング形状(太く短い)の違いや、スウェーデン製の406のフレームとの形状の酷似(直線的なフォルム)、さらに、出所など総合的にみて、へデモラ製であると確信いたしました。



この辺りはかなりマニアックな話ではありますが、歴史的にみても価値のある椅子であることは間違いなく、そういった椅子をきちんと再生(レストア)し、新たに価値付けをしつつ、未来に残していくべきではないか、と思い、あえて最高級の生地を選ばせてもらいました。



P5144045のコピー
画像提供ph.d



P5144043のコピー
画像提供ph.d



P5144050のコピー
画像提供ph.d



もちろん、内部のレストアも当時と同じように、麻ひもや天然素材を使用し、釘打ちして仕上げてあります。



それによって、今後数十年後に張り替えることになっても、製造当時の技術が受け継がれる可能性があるわけです。



本来の継承というのは、単なる表面的かつ物質的な継承に止まらず、その伝統技術や精神の継承があってこそだと僕は思うわけです。




そういう意味においても、こういった希少な椅子は特に大事にしていきたいですね。


へデモラの401は超希少?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』




スポンサーサイト



Category : 家具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/382-220e236a
該当の記事は見つかりませんでした。