FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

フィンランドヴィンテージVSデンマークビンテージ(後編)



さて、前回は、概要としてデンマークデザインとフィンランドデザインを比較してきましたが、それが数十年の時を経て、ヴィンテージとなった今、どのようにその評価がなされているかについて、今回は述べて行きたいと思います。



まずデンマークヴィンテージですが、ウェグナー、ユールのプロダクトは、根本的に当時の生産数が少なく(特に職人技術を多く必要としたフィン・ユールのプロダクト)、希少性という意味において、高い評価を受けています。




DSC04012 のコピー




また、日本人に限定すれば、デンマークプロダクトの特性である、高級素材、職人の技術、伝統工芸は、日本文化との親和性も高く、高額であるにも関わらず、人気なヴィンテージ家具として確立されています。



と同時に、その支持層は、主に中年層に限定されているのも事実で、その理由としては、まず高級故の金銭的な問題があるのでしょう。


さらにチークやローズウッドなどの木材は、高級感と同時に、シックな印象を与えることもあり、男性に好まれることが多いように思われます。


それに対し、フィンランドで使用される木材は、バーチ材であり、軽快かつポップな印象があり、若年層や女性に人気であると同時に、高級感が乏しいという側面があることから、金銭的な余裕のある中年層の支持が弱いのも事実です。



また、ウェグナーやユールよりも、アアルトやタピオヴァーラのプロダクトは長期にわたり生産されていた(いる)ため、希少性という意味においても低く評価されがちです。



しかしながら、これらデザイナーの初期のプロダクトは、現在、希少性が極めて高く、ウェグナーやユールのヴィンテージ同様に、入手したくともなかなか現地ですら無いというのが現状です。



DSC09965 のコピー




ただ意識としては、やはり現場でいくらその希少性と価値を訴えても、年代が違うだけで、同じプロダクトの母数が多いため、その違いを評価する人は少ないように思えます。



また、その支持層が、若年層や女性であることから、金銭面がボトルネックになってしまっている気もします。



それ故に、なかなかそういった希少性のあるフィンランドプロダクトの【価値付け】が進まないのでしょう。


それでも今、世界的にみれば、これら初期に製造されたフィンランドプロダクトは高く評価されつつあるのも事実です。




DSC09979 のコピー




既に日本国内で、高く価値付けされているデンマークヴィンテージ、そして、まだまだ価値付けが進まないが、世界的には評価されつつあるフィンランドヴィンテージ。
どちらもその良さがあるのは間違いないと思いますが、今後、デンマークヴィンテージ同様に、フィンランドヴィンテージの価値付けが進んでいくことで、より、北欧ヴィンテージの全体が盛り上がるのではないでしょうか。



どちらも良い?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/358-38634b47
該当の記事は見つかりませんでした。