FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

ヴィンテージとアンティークは何が違う?





ヴィンテージとアンティークは何が違うのか? おそらく、一般的には、ほとんどの人が同じような認識をされているように思います。


しかし、そこの知識が曖昧な故に、売り手側も、ヴィンテージと呼ぶには明らかに程度の低いものや、アンティークではないものをアンティークと称して売っていたりするのです。




そこで今回は、実際、ヴィンテージとは何か、アンティークとは何か、また、巷で氾濫しているジェネリック、リプロダクトとは何か?さらに復刻ものや、オリジナル、中古、正規品など、様々な業界の用語を一度、僕なりに整理してみようかと思います。






まず、ヴィンテージですが、基本的に製造から30年以上〜100年未満ものものを【ヴィンテージ】そして、100年以上経ったものが【アンティーク】と僕は定義しています。



なので、現状(2020年現在)では、モダニズム期に造られた家具のほとんどがヴィンテージになり、アールヌーヴォー、アールデコ期のものがアンティークという棲み分けになります。



DSC00785 のコピー





また一言にヴィンテージといっても、初期(デザイン当初)に製造されたものを【オリジナルもの】、近年に造られたものは【中古品】、その間がただの【ヴィンテージもの】

(※実際にこの辺りは曖昧な部分もあり、メーカーなどが変遷している場合などは分かりやすいのですが、そうではない場合、年代で明確な区分がないものも多々あります)




さらに、当時製造されていたものが時を経て再び、著作権(パテント)を持っていたメーカー、もしくは買い取った会社が製造を再開したものは、【復刻もの】(正規の復刻とも言う場合があります)




そこに大きな手を加えた場合や、著作権が切れているプロダクトを、当時の著作権とは無関係な会社が製造、販売した場合は、【リプロダクト】又は【ジェネリック】



また、ARTEKの家具のように、デザイン当初から著作権をもっていたメーカーが製造をし続けている新品商品は、【正規品】



DSC03001 のコピー





このように分類するのが良いのではないか、そう考えています。


もちろん、複合的に、【正規のリプロダクト】、【正規の復刻】、【復刻の中古品】、【リプロダクトの中古品】などなど、様々ありますが、基本的な考え方としては、著作権(例え切れていても、過去の系譜として持っていたかどうか)と製造されてからの年数というのが、大きな区分になるかと思います。



それらをふまえ、自分が何も選ぶのか?というのは、
これだけ様々なものが(まるで別物なのに、、、)同じ商品名(デザイン名)として氾濫している世の中では、持つべき知識として大事ではないかと思います。



もちろん、これらは僕の定義であって、全てにそれが当てはまるというわけではありませんが、少しでも参考になればと思います。



ヴィンテージに定義がある?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/356-90a84c92
該当の記事は見つかりませんでした。