FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

日本の古民家とモダニズム



最近、古民家をリノベーションし、カフェや旅館にしたり、また個人住宅などにもそれらは波及し、ある種の古民家ブームが起きているように感じます。


古き良きものを再生し、それを継承していく、という観点からも、それはとても素晴らしいことのように思えます。


ただ、そのリノベーションのレベルがまだまだ低く、古民家の良さを最大限生かしているリノベーション物件を観ることはほとんどありません。


それは、古民家の魅力というべきクオリティーに、インテリアなり内装なりが追いついてない、というのが大半の理由のように感じます。



古民家は当然のことながら、長い歴史を背負っています。



釘やボルトを使わない太い梁や柱は、昔ながらの大工仕事でなせる工法ですし、木材は燻され深い漆黒に変色し、古い板張りの床は艶を増します。



そんな歴史がなせる美しさにふさわしいインテリアとなると、当然、それらも歴史を背負っていなければならなくなります。



また、そのインテリアのクオリティーもただ古いものを置けば良い、という問題でもなく、普遍性やデザイン性というものを兼ね揃えていなければ、ただの陰気くさい空間になってしまいます。



そこで僕が提案しているのは、古民家リノベーション×モダニズムの融合です。



DSC08837 のコピー



DSC08834 のコピー

※写真はSNORKさんのショールーム



以前にも書きましたが、モダニズムは、本来の意味を超え、普遍的かつデザイン的に優れ、なおかつ歴史を背負っている、という意味において、これほど古民家リノベーションとの相性が良いものはないと思うのです。




さらに個人的に言えば、やはり米系よりも欧州系。とくに木材をふんだんに使っている北欧のモダニズムとの相性は抜群です。



ぜひ、古民家リノベーションをお考えの方は、モダニズムの家具たちでコーディネートしてみてはいかがでしょうか。



モダニズムと古民家の相性は抜群?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/322-f8cfac74
該当の記事は見つかりませんでした。