FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

追悼




【本厚木】新店舗スタッフ募集中






「言論は虚しい」というかつて、福田恆存が述べた言葉を残し、2018年、1月21日、思想家、西部邁先生が、多摩川に入水し、自死致しました。



本来、インテリアを中心とした当ブログで書く内容では、ないのかもしれません。




しかしながら、僕の思想に多大なる影響を与えたという意味において、インテリアだけにとどまらず、大局的観点に則り、また追悼の意も込め、書かせていただきます。




西部邁先生を初めて知ったのは、およそ10年ほど前だったでしょうか。【西部邁ゼミナール】という、TOKYO MXが手掛けた番組でした。




初めて、その番組を拝見させていただいたときの衝撃は、未だに忘れることのできないほどでした。




とりあえず、西部先生が、何をいわんとしているのか、当時の僕は全く理解できなかったのです。




「人間は言語交換の生き物」にも関わらず、その意味がわからない。しかし、わからなくとも、その深さというものが、とてつもないということだけは漠然と理解致しました。




それからというもの、何度も同じ講演を聞き続け、毎週、番組を聞き続け、著書も読みあさりました。



それは僕にとって、自らの芯を、軸を作っていく作業だったと思います。



物事の本質とは何なのか、本物とは何か、歴史とは政治とは、慣習とは、大衆とは何なのか等、僕は西部邁先生から多大な教えをいただきました。



また、彼の、【integrity】<一貫性><誠実さ>、生き様、死に様、格好良さ、潔さは、人として、心から尊敬できるものでした。




「最期は自死を選ぶ」生前から西部先生はよくそうおっしゃっていました。




その言葉通り、最期は潔く自死をお選びになったのでしょう。




もちろん、社会的に、自死については賛否あるかもしれません。



しかし、ショーペン・ハウエルが、【自殺について】の論文の中で「自死は、人に与えられた最大の権利である」と述べたように、死は個人の最期の自由と権利であり、唯一、死をコントロールする手段であると思います。




また、誰がなんと言おうと、僕は、西部邁先生らしい最期であったと、確信しています。




今まで、本当に多くの学びを与えてくれた西部邁先生に、心からご冥福をお祈りいたします。



そして、本当に、ありがとうございました。



・・・?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』
スポンサーサイト

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/299-61f392e1
該当の記事は見つかりませんでした。