にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

建築と光




【本厚木】美容師、スタッフ募集中







椅子は【小さな建造物】とも例えられますが、その椅子にとってもっとも大事なパートナーは、やはり照明(光)。



このように椅子と照明がインテリアの基本であると同様に、建築もまた、建造物と光が基本になると僕は考えています。




そんな基本中の基本を再確認したのが、先日訪れた、「友ヶ島」でのことでした。



DSC07914 のコピー




無人島であるこの友ヶ島の山頂付近には、日露戦争時代に建造された旧日本軍の砲台とその施設が、いまもなおその原型を保ちながら、森の中にひっそりと佇んでいます。




DSC07884 のコピー 2




21077616_1646189002058415_5686836549059307339_n.jpg




そして、こちらが、森から差し込む朝陽に照らされた煉瓦造りの砲台施設。



なんとも神秘的で、単純に「建造物と光」の関係だけでは表現できないほどの圧倒的な力を感じさせられました。



もちろん、100年という歴史の重みもあるのでしょう。無人島であるという(俗っぽくないという意味において)点も大きいでしょう。



DSC07763 のコピー




しかし、その砲台施設と朝陽の関係は、プリミティブ(根源的)に、人の心を打つほど密接であり、重要であることに気づかされたのです。



新たなプロジェクトも、やはり建築と光、そして椅子と照明という関係を追求しなければならないな、と改めて感じました。




建築と光りに関係は神秘的!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』
スポンサーサイト

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/279-2bbbd7d0
該当の記事は見つかりませんでした。