にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

独歩炎の羽釜(125)




【本厚木】美容師、スタッフ募集中






DSC01591 のコピー




さてさて、久々に料理ネタ。



実は、以前から、ご飯を炊くのには、何がいいのか?とずっと悩んでいました。



やはり、主食であるお米を、電子機器である炊飯ジャーに頼るというのは、僕の中ではあまり良いこととは思えなかったからです。



そこでまずは、ル・クルーゼやストーヴに代表される鋳物の鍋で炊いていましたが、まあ、それも悪くはないのですが、自分の中では、しっくりこない。



ということで、やはり土鍋か羽釜がよいだろう、そう思うようになりまして、、、



で、様々なものを物色しつつ、かれこれ数年、、、笑



と、最近になって、ぶらぶらと谷根千散歩をしていたときに、とあるギャラリーで偶然発見したのが、独歩炎(藤井博文)の羽釜。



ああfgんっっm のコピー




この色合い、風合い、質感、すべてに一目惚れしてしまいました。



銅錆のようなくすんだ緑と鈍色のツートンに、白木の分厚いふた。



DSC01590 のコピー




なんともおしゃれじゃありませんか!



同時に、まるで、アンパンマンに出てくる「かまめしどん」のような愛くるしさすらあります。笑



ちなみにこれ、通常の羽釜よりも弱火で炊かないと焦げます。。。泣




asdasda.jpg





でも慣れれば、ふっくら艶やかなご飯が炊ける!




そして甘い!



こうして羽釜で炊いたご飯を、美味しくいただいていると、本当に日本人でよかったなぁと痛感いたします。



皆さんも一手間をかけて、そんな生活をしてみてはいかがでしょうか?


※とは言っても、炊飯ジャーも必要な哀しさ、、、、笑



ご飯はやっぱり羽釜で炊くのが一番?!!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト

Category : キッチン用具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/272-d8e0aac0
該当の記事は見つかりませんでした。