にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

流行(トレンド)に乗らない。




【本厚木】美容師、スタッフ募集中






ファッションの世界にも、僕らの美容の世界にも、「流行」(トレンド)と言うものは付いて回ります。



もちろん、インテリアの世界にも、流行があり、それによって家具の市場価格が変動したりもします。




一昔前は、イームズのビンテージの価格が高騰したり、今では北欧のビンテージ家具や、インダストリアルデザインが高騰したりと、そのトレンドによって、ニーズが高まり、そのような価格変動が起きてしまうのです。




DSC04062 のコピー





しかし、本当にその流れに乗る必要があるのでしょうか?




僕は常々、「本物の家具は古びない」と言ってきました。



ショーペンハウエル的に表現すれば、「長年の歳月にも傷つけられぬ、作品の裏にある精神(デザイン)の偉大さ」は、現代の流行などという一過性のものに、左右されることのない普遍性を持っていると思っているからです。



そういった意味からも、流行に流されず、「本物を見極める」というのが、インテリアにとって僕は大事なことだと思うのです。


そのためには、ぶれない思想的な軸が必要です。





DSC07489 のコピー




しかしそれは決して、頑固であるとか、そういった個人的な類いの軸ではありません。


どちらかと言えば、歴史に謙虚である、と言った方が正しいでしょうか。


チェスタートンが「伝統とは死者の民主主義である」と言ったように、長きに渡る過去の伝統こそ、その軸にふさわしいと思うのです。




本物の家具には、その伝統というべき「精神」が宿っているからこそ、「流行」などという物とは一線を画した世界観を持っているのです。




ぜひ、皆様も、流行ではなく、そういった伝統というものに着目してほしいものです。



流行ではなく、伝統?!!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/252-43a68a32
該当の記事は見つかりませんでした。