FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

空間に統一感を出す方法(後編)




【本厚木】美容師、スタッフ募集中







さて今回はまず、ジャンル分けの話をしたいと思います。



まあ、インテリアのジャンルと言っても、アジアン、モダン、北欧(デンマークとフィンランドでは結構違いますが)、アールデコ、アールヌーヴォー、ミニマム、フレンチ、プリミティブ、インダストリアル、カントリーなどなど、細かく分類すれば結構な数があります。



さらに、これらには新旧があります。



いわゆる新品から中古、さらにはビンテージ(約30〜100年未満)やアンティーク(約100年以上)と言ったように、同じもので雰囲気が異なってしまいます。



新品の中に、一つだけビンテージものが入るとやはり違和感の原因にもなってしまうので、ある程度新旧の統一は必要となります。(全部を統一させる必要はありません)




それを踏まえた上で、大まかな好みを決めます(これも完全に一つに絞る必要はありません)



例えば、うちで言えば、モダン&北欧というジャンルなわけです。



kさsかああさ のコピー





ここであまりジャンルを広げすぎてしまうと、纏まりが無くなるので、多くても3ジャンル以内にしておくか、もしくは、部屋ごとにジャンルを分けた方が統一感が出やすくなります。





さて、続いては「色調」について考えて行きます。



まず色調は、大きく彩度と明度、色温度という三つに分類されます。



同じ色でも、彩度や明度、色温度が異なるだけでも印象が大きく変わってしまうものです。



kささ のコピー





例えば、同じ白でも、青みがかった白と、黄色みがかった白では、互いに喧嘩してしまう場合もありますし、彩度や明度が大きく異なれば、全く違うイメージになってしまうので、注意が必要になります。



逆に、色は違っていても、極力、色温度や彩度、明度の近いものを選べば、それだけでも統一感を出すことは出来ます。



また、差し色を使う場合なども、そこに気をつけるだけで全体のイメージを壊さずに、遊びを出すことが出来ます。




さて二回に渡って統一感を出す方法について述べてきましたが、これらはあくまで基礎的知識でしかありません。




その後は、色んな経験を積んで、学んで、わかることばかりです。



かつてショーペンハウエルが「概念は経験を先立つべきではない」と述べたように、失敗も含め、あくまで経験こそが大事であると僕は思います。




これらを参考にしつつも、失敗を恐れず、色んなことを試してみてはいかがでしょうか。



最後は経験が重要?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』



スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/218-0ee702cb
該当の記事は見つかりませんでした。