FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

デンマーク製のビューロー(117)




【本厚木】美容師、スタッフ募集中





先日、今年で3年生になる娘に、勉強机を用意しました。



約60年前のデンマーク製のビューロー(化粧台も兼ねている)タイプのデスクです。


KASAHDD のコピー




DSC07614 のコピー




本人は大喜びでしたが、そこで僕は娘に一言。



「これは当分の間、君が使うことになるけれど、実はこれ、君の物ではないんだよ」


娘「じゃあ、パパの物?」


「いや、パパの物でもない。これはね、地球の物なんだよ。この机は今、君が地球から借りているだけなんだ」



娘「そうなんだ。これは借りてるだけなんだ」



「そう、壊したりしたら、次の人に渡せないでしょ。だから大事に使うんだよ」


娘「うん、わかった」



そんなやり取りをしました。



かさああ のコピー




確かに、家具は購入するものです。しかし、本物の家具は、簡単には生産できません。ビンテージの家具に限っては、無くなる一方なのです。




そう考えた時、これらは個人の資産という狭い範囲だけではなく、地球全体の財産とも言えるのです。



さsっかっか のコピー





昨今、お金を払えばあとは自由にできる、自分の物を自分が勝手に使って何が悪いんだ?そんな個人思想が蔓延しているように思えます。




しかし、それは現代人の傲慢ではないでしょうか。




過去に遡ってそれらを作ることができないのであれば、それを現代人が自分の自由とばかりに粗末に扱ったりして、壊してしまうことは、それらを大事に受け継いできた先人たちの想いを踏みにじる行為になってしまうのです。





物を大事にするというのは、そういう意識が根底になければならないのではないでしょうか。




本物の家具は地球の財産!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』



スポンサーサイト



Category : 家具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

Sukhi.jp says..."素敵です。"
素敵な教育ですね。大切に使ってあげれば、次の人に手渡すことができるし、一生の友にもなりますよね。私もそんな風に子どもに教えてあげたいと思いました。ところで、組み合わせている椅子もとてもおしゃれですね。子供用の家具ではなくても、子供達はしっかり使いこなせるんですね。
2016.03.21 23:02 | URL | #Zq.a93B6 [edit]
デザインパパ カーツ says..."Re: 素敵です。"
コメントありがとうございます♫
子どもがいるから、安い物ではなく、子どもにこそ、本物を伝える、それが大事だと思います。

ちなみに、子供用の家具でなくても、子どもは十分に、対応する能力があると思いますよ。
2016.03.23 11:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/208-a25d4bd1
該当の記事は見つかりませんでした。