FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

カーツ流椅子選び術(後編)




デザインパパカーツ×北欧家具talo山口太郎 対談イベント!参加者募集中!

「豊かな暮らしをAaltoから学ぶ」〜普遍的思想とアルヴァ・アアルトの家具〜







さて、前回までのおさらい。



3万円以上(ラウンジなら8万以上)の椅子で、生産、デザインから50年以上経っていて、中古市場で、新品と中古の差額がさして大きくないものを選べば良い!と話してきました。




しかし、それでも、まだまだ選択するには多くの椅子が残ってしまうのも事実、、、





ということで、今度は価格の上限を決めます。





DSC03016 のコピー




僕の基準は、ダイニングチェアで10万円。ラウンジチェアで20万円。それ以上は、残念ながら、「み て る だ〜け〜」にすることにしています。(お金持ちの方はご自由に)



これは万が一精選に失敗したとしても、損失を最小限に抑えることができるからです。



そして最後は、コーディネートの問題です。


実際、精選し、最後にこれが良いと決めても、その椅子は「自分の部屋には合いそうもないな」とか、「合わなそうだな」とか、思ってしまいがちです。



もちろん、本来ならば、選んだ椅子と周囲との素材感、ボリューム感、空間余白、コンセプト(方向性)、それらを考える必要もあるでしょう。



しかし、それらを専門とする人間で無い限り、知識も経験もないですから、初期段階では、あまり深く考える必要はないのではないか、そう僕は思っています。




DSC05905 r





そもそも、これだけきちっと選んだ椅子が自分の部屋に合う、というのは、この段階においては、ほぼあり得ません。




なぜならば、今、現状ある家具たちが、今まで述べて来たような精選の過程を踏まずに購入したものがほとんどだからです。





言い換えると、このような過程で選ばれた椅子は、必ずその空間において浮いた存在となってしまうものなのです。




もしも、それでもそれらがが浮いていないというのならば、考えられることは、もう既に僕が述べて来たような選択をこれまでも行って来た、もしくは、精選方法を間違えている、ということなのでしょう。




ということで、基本、合わないことは悲観すべきことでも、躊躇すべきことでもないということです。




また、これまで述べて来たように椅子を正しく選べば、その椅子は必ず、浮くと同時に、今まである悪き物を排除してもくれます。




要するに、美しい空間を作る上では、この過程は欠かせないのです。




ということで、合わないからと言って躊躇せず、最後は思い切って自分の好みの椅子をチョイスしてみてはいかがでしょうか?





さて、二回に渡って、カーツ流の椅子選びを述べてきましたが、少しは参考になったでしょうか。




今回はあくまで椅子だけをピックアップしましたが、それ以外の家具や照明、小物などにもこの話は応用が利くのではないかでしょうかね。



ぜひ、試してみて下さい。



カーツ流の椅子選びは参考になった!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/187-c3879b00
該当の記事は見つかりませんでした。