FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

カーツ流椅子選び術(前編)




デザインパパカーツ×北欧家具talo山口太郎 対談イベント!参加者募集中!

「豊かな暮らしをAaltoから学ぶ」〜普遍的思想とアルヴァ・アアルトの家具〜





DSC05874 のコピー



一般的には、「さあ、椅子が欲しいな!」と思い立っても、ラウンジチェアやらダイニングチェアやら、用途、新旧も含め、まあ、凄まじい種類の椅子が販売されているので、なかなかそこから一つを選ぶのが難しいのも事実。



はっきり言って、それなりの知識とセンスが無ければ、大概、行き当たりばっかりの直感勝負と値段勝負に陥りがち。



そりゃ、世の中に、これだけ大量の選択肢(椅子)があったら、そうなってしまうのも頷ける。




さて、そんなわけで、数ある椅子の中で、どのように僕が選んでいるかをちょっと解説。




まずは新品で、ダイニングチェアなら3万未満、リビングチェアなら8万未満の椅子はまず排除する。



これで世の中に出回るほとんどの椅子が対象外になるはず。



しかしまあ、「個人の好みであって、値段じゃないでしょ!」という反論も想像できるので、少しだけ反論。



長く使えるだけの素材、丁寧に作られた構造や細部、受け継がせたくなるような普遍的なデザイン、とワタクシが考える椅子の基準を満たそうとすると、まあ、そんな安い値段でできるわけもない。




ということで、ぎりぎりな線が、先ほど示した値段になるわけです。



さて、次に、日本の無名の作家さん物(新品)はどうだろうか、という考察。



確かに良い素材を生かして、手間をかけ、丁寧に作られているものも多く、当然、それなりの値段(3万以下などはほとんどない)がシマス。



もちろん、「自分は見る目に自信がある!」と断言できる方なら、ここで、「まあどうぞ!」となるのだけど、ちょっと自信が無い方は少しお待ちを。




正直、数多くの椅子が新たに生まれては消えて行くという中で、次の代まで残したいか、いや残るデザインなのかということを見極めるのは、その道のプロでもなかなか難しい。




というか、ワタクシには無理でございますので、確実性を高めるために、残念ながら選択肢から外します。(ただ良いものが隠れているのもこの世界。発掘する喜びや楽しさはあります)




となると、ある程度生産(もしくはデザインされた年)から年数が経っているものを残さざるを得なくなります。




ここでポイントは、デザインからおおよそ50年以上(世代を跨いでいるので)経っているものは、普遍性が高いだろうと、推測できるわけです。




ということで、次は中古市場を見てみます。



そうすると、新品で10万円した椅子がリサイクルショップで1万円以下なんてことはザラ。かえって処分にお金かかりますよ、なんて話、笑い話でもなんでもなく良く聞く話。




ということで、ここでは新品当時の値段と、それが中古市場に出回ったときの値段の、値幅が大きいものは排除。




以上の精選ポイントのことを踏まえると、おそらく世の中の99.99%くらい(統計取ったわけじゃないのであしからず)の椅子が選択肢から外れます。




さあ、ここまでくれば、あとはそんなに難しくはない?




ということで次週、後編へと続きます。



カーツ流の椅子選び、後半が気になる!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/186-166896f7
該当の記事は見つかりませんでした。