FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

ライカのズマール5cmF2(114)

かか のコピー


オールドレンズの魅力にはまりつつある今日この頃。


今回紹介するのは、エレンスト・ライツ社のズマール5cmF2。



ずっしりとした真鍮で造られた、戦前のライカレンズだ。



そもそもこのズマールはエルマーとは違い、明るいライカレンズとして登場したのだが、どうも昨今では不人気のようだ。



ボケ玉、クセ玉と揶揄され、ライカのレンズの割に、市場価格も決して高額ではない。(よい玉が少ないというのもあるが、今回手に入れたレンズはすごく状態が良かった)



確かに、エルマー以上に、逆光フレアは良く拾ってしまうし、開放のぼけ感も独特だ。



また、条件によって、様々な表情に変わってしまうのだから、撮る側としては扱いづらいレンズと言わざるを得ないだろう。



DSC05521 のコピーズマール5cmF2


DSC05750 のコピーカールツァイス Sonnar24mmF1.8



現代レンズであるカールツァイスのSonnarと撮り比べても、その表情の違いは一目瞭然だ。



しかし、ツァイスのように、決して綺麗ではないが、その世界観に、魅力があるのも確かだ。



霞がかる描写やソフトフォーカスは柔らかく空気を写し込んでいるかのようにもみえるし、ぼけ感も絵画のようだ。






DSC05706 のコピーズマール5cmF2



DSC05660 のコピーズマール5cmF2




一概にも、「古きは、良き」と断言はしないものの、やはり古きに本物のオーラがあるものが多いのも事実。



一度はまると、抜け出せない?そんなオールドレンズの世界を今後も伝えて行けたらと思う。


  


※急性虫垂炎で手術&入院のため、更新が遅れましたです、、、、






オールドレンズも美しい!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Category : 仕事道具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/182-73f0a084
該当の記事は見つかりませんでした。