FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

家を重視し、暮らしを軽視する日本人の矛盾


DSC02211 のコピー



「素敵な家に住みたい、広い部屋に住みたい、持ち家が欲しい」そんな声はよく聞くのだけど、「豊かな【暮らし】をしたい」という声はなぜかあまり聞かない。



本来ならば、家というのは【下部構造(インフラ)】であり、暮らしは、【上部構造(スープラ)】なので、双方には優先順位の付けようが無い密接な関係がある。



にも関わらず、家にその重心を置きすぎるというのは、どうも僕の感覚からすれば違和感を覚えざるをえないのだ。



もちろん、家は豊かな暮らしをする上では、絶対に欠かせないものだ。しかし同時に、家を建てられたとしても、豊かな暮らしが実現するわけでもない。




あくまで豊かな暮らしをする上での基盤(下部構造)があるだけに過ぎないからだ。



特に問題なのは、その重心が偏りすぎた結果、立派な家に住んでいるけれど、そのローン返済などで、生活は荒んでいる、という方が多いことだ。



それでは本末転倒ではないのか?と僕はいつも首を傾げてしまう。




DSC03477 のコピー




ただ、家というものが、暮らしの基盤であることは言うまでもなく、豊かな暮らしのためには、それ相当のふさわしいものがなければならないのも事実だ。



すなわち、この辺りの平衡(バランス)をどう取るのか、ということが重要なのではないか、そう思うのだ。



やや話が逸れるかもしれないが、ここで疑問なのは、なぜ日本人は、道路などのインフラ整備(公共事業)には、後ろ向きにも関わらず、家というインフラには、過剰なまでも固執するのか、という矛盾だ。




もしも、家というものを重要視しているのならば、道路などのインフラ事業もまた重要視すべきであるし、道路(公共事業)を軽視するのならば、家もまた軽視されなければならない存在ではないのか。




正直、僕の目には、明らかな矛盾に思えてならないのだが、どうやらそこには、「他人事」という背景があるのかもしれない。



要するに、自分の住むインフラは大事だが、国が造るインフラは無駄だ、そんな感覚なのだろうか。




しかし、そもそも国家とは国の家、すなわち、「国民の家」である。



ともすれば、本来ならば、他人事どころか、自分の家と同等の価値を持っても良いのではないか、そう思ってしまうのだが・・・・。



DSC02224 のコピー





さて、話を戻すと、こうした矛盾の背景には、やはり「ヴィジョン無き暮らし」があるように思える。



要するに、「家さえ持っていれば安心」という漠然とした表象にしがみ付きたい、そういう感情が優先され、どんな暮らしをしたいのか、というヴィジョンはほとんどないということだ。




今後、家を建てたい、そんな方は特に、下部構造(家)というものは、どのような上部構造(暮らし)をしたいか、そこ無くしては、本末転倒になるということを念頭に置き、ぜひ、そのバランスをうまく取っていただきたいと思う。




記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.10.02 20:09 | | # [edit]
デザインパパ カーツ says..."Re: 始めまして"
長文、ありがとうございます。
全ての事に同意いたしておりますが、現状なかなかこういった風潮を変えられず、私も四苦八苦している次第です。
豊かな暮らしとは何か?という問い自体が欠如した現代日本において、私たちに出来る事はただ、小さなことの積み重ねでしかないと思っていますが、おそらく私が生きている間には無理かもしれませんね。
ただ、諦める事無く、戦後日本の暮らしの在り方に警鐘を鳴らして行ければと思いますし、まさに北欧の良さと日本の古来の良さを上手く平衡を取るヒントを提供し続けられればと思っていますし、いつか同じ方向を向いている田中様とも協力できればとおも思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。
2015.10.03 12:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/177-6ecea2f4
該当の記事は見つかりませんでした。