FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

本物を知る?


家具の世界でも、何でも、「本物を知った方が良い」とは、よく聞かれる言葉だけれども、では、どうやって本物を知るのか、といえば、基本、使ってみるだとか、見てみるだとか、そういう答えが返ってくることが多い。


言い換えるとそれは、「本物を経験してみなさい」ということなのだろう。



もちろん、それはそれで正解かもしれないのだけど、それだけだと、僕にはちょっと不満な答えだ。



なぜかと言えば、経験しただけでは、決して、本物を知ることなどできないと思うから。




仮に、ウェグナーの椅子を使ってみました!と言っても、それでウェグナーの良さを知れるわけではなく、あくまで知るためのスタートライン(前提)に立っただけだから。




DSC03232 のコピー





要するに、経験は前提としては必要だけど、実は、そこから先が本当はもっと重要だということを言いたいわけで。




では、その経験の先とは何かと言えば、「深さを知ろうとする意識」だと僕は思っている。



例えば、座り心地が良い椅子だな、と感じたら、その構造や素材の使われ方、ディティール、さらにはデザイナーのコンセプトやそのデザインに至った過程などを調べたり、想像したりする事で、初めて本物を知っていけるというわけだ。




DSC03255 のコピー





しかし最近では、言語すらも簡素化し、形骸化し、パタ−ン化し、単なる「ツール」へと成り下がってしまっているし、デザインへの評価も同様に、その先(深さ)が欠如し、流行やブランド(パターン)だけで、薄っぺらくなってしまっている気がするのだ。




以前、西部邁氏がドイツの哲学者であるシュペングラーの「西洋の没落」を引用し、表現(言語やデザイン)がパターン化され、技術化されると、その文明は必ず没落、腐敗し、崩壊してしまうと指摘したように、実際、そういった危機が迫っているように思えるのだ。




そう考えると、まさに今、喫緊の問題として、僕らは、そういった「薄っぺらさ」から脱却し、本物という「深さを知ろうとする意識」へと転換しなければならないのではないだろうか。





記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/169-6cf3fd3b
該当の記事は見つかりませんでした。