FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

ドライフラワーの魅力


花は枯れるから儚さがあっていい、そう思っていたこともあり、ドライフラワーには、今まであまり関心がなかった。


しかし、僕の周りで紫陽花などをドライフラワーにしている人たちを見て、それもまた美しいな、と思い始めた。



そんなこともあり、今回は手に入れた紫陽花でドライフラワー作りに挑戦してみることに。



DSC03415.jpg




なんでもドライフラワーは、直射日光を避け、湿度の低い場所を選ばなければならないらしい。



そんな条件はなかなか整わないのだけど、唯一、僕の書斎は万年カーテンが敷かれているし、水周りもないので、完璧ではないけれど、そこで作ることにした。




そこで逆さまにして乾燥させること4日間。しおれはしたけれど、紫陽花の色味はしっかりと残ったドライフラワーが完成した。




DSC03235 のコピー





活きてはいないけれど、枯れているわけではない。



「永久死」なる死の肯定と否定の中間にあるような、不思議な魅力がある。




エジプト文明など、世界各地にはミイラなどという慣習、死生観があったけれど、ドライフラワーも在る意味、それと同じような意味合いがあるのかもしれない。



DSC03238 のコピー





以前、朽ちる寸前の美について書いた事があるけれど、今回は、枯れたものもまた美しい、そんな価値観も自分に加わった気がする。



記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/168-a06ec340
該当の記事は見つかりませんでした。