FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

スツールに魅了されて


スツールというと、一般的には、あったらあったで便利だけど、無いなら無くても良い、そんな立ち位置かと思います。



しかし、実はこのスツールには、無いなら無いで良いなどは言えないほど、多くの魅力が詰まっているのです。




まず、スツールは、シンプルな造りだけに一番作り手の想いが、現れているのではないか、そう僕は感じています。




例えばアルヴァ・アアルトのstool60は、一見、どこにでもある丸椅子のようでもあります。



しかし、よく見るとその構造は、通称アアルトレッグと呼ばれるレグを中心に、デザイナーのこだわりや個性が至る所に散見されます。



dada のコピー




それら一見分からないようなこだわりは、デザイナーが現在ではなく、遠い未来を見通しているからであって、それ故に、使い込めば使い込むほど味わい深くなり、また愛着も沸いてくるのです。



またstool60に代表されるように、シンプルなスツールは、塗装をして愉しめるというのも大きなメリットかもしれません。



DSC00608 のコピー




気軽に好きな色に塗ったりしながら、自分の生活の中に溶け込ませる、これができるのも、主張しすぎないスツールだからこそできるのです。



そして、このスツールは、椅子として座れるというだけではなく、踏み台やちょっとしたサイドテーブル、飾り棚としても使えるといったように万能な椅子でもあります。



特に小さな子供がいる場合、これほど重宝する椅子もありません。



洗面台に届かない子供用の踏み台として、またキッチンで母親と一緒に料理をするための踏み台と、まあ子供達に踏まれまくるわけです。(我が家でも子供達にとって無くてはならない存在になっています)




DSC02854 のコピー




そして、これらのスツールを一言で表すならば、「内助の功」とも表現できます。



「ああ、ここにいてくれたんだ」というさりげない感動を与えてくれるのです。




一時的に付き合うのならば、見た目も派手でわかりやすい異性(椅子)が良いかもしれません。



しかし、長い間連れ添う相手であれば、飽きてしまったり、また、支えになってくれないようでは駄目です。



DSC00233 のコピー




普段は謙虚に家事洗濯、子育てを黙々とこなし、そしていざというときにも頼りになる、また、色を変え、常に新しい感動を与えてくれる、まさに世のお父さんにとって、理想の妻といえるのではないでしょうか! 




「恋愛は感情でして、結婚は知性でする」などと私は常々言っていますが、まさにスツールこそ、結婚相手としてこれほど相応しい相手はいないと思うのです。



良いスツールと出逢う、これもまたインテリアの醍醐味であり、愉しみではないでしょうか。
 






記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/161-9ad72098
該当の記事は見つかりませんでした。