FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

新緑に明日をみる


DSC02450 のコピー



我が家の庭に植えてあるメインの木はエゴの木と紅葉。


どちらも落葉樹なので、冬の間は、ずいぶんと寂しい姿になってしまう。


しかしその反面、春の訪れとともに、若葉が芽生え始めると、冬とのキャップも相まって、色鮮やかさが一段と増すのだ。


その自然界が織りなす新緑は、日本の四季を肌で感じられる瞬間でもあるのだけど、実は、その魅力に気づいたのは、この家に引っ越してからのことだった。



DSC01863 のコピー




それまでは特別、新緑を意識したこともなければ、美しいと感じた事もなかった。



毎年、同じ風景の繰り返しであり、当然の産物として慣れてしまっていたわけだ。



もちろん、人生には同じ事を繰り返すことも大事なことではあると思う。



しかし一方で、大事なものを大事だと感じられる事や、小さな変化を愉しめる感性も大事であると思うのだ。





DSC01994 のコピー




実は先日、僕はこの新緑をぜひ観てもらいたいと思い、友人を自宅に誘ったのだけど、そのとき、その友人が、お勧めのDVDを持参してやってきた。


それは、「恋はデジャ・ブ」というビル・マーレー主演の名作映画だった。


僕らはそれを新緑を横目に観たのだけれど、その内容は、主人公だけには、いつまで経っても明日が来ない、今日が終わると、再び同じ今日に戻ってしまう、そんな中で、主人公は苦しみ、もがき、そして大事なものに気づき始め、成長していくという話だった。



それを見終わったとき、僕は明日が来ない恐怖、そして今日が繰り返される現実というものに打ちのめされた。




DSC01862 のコピー




新緑も同じように,毎年必ずやってくる。しかし、それは毎年変わらない。



だからこそ、変わることへの感謝、変わらない事への感謝。この矛盾する想いこそが、僕らが生きて行く上で忘れては行けない大切なことだと気づかされたのだ。



きっと新緑を観ながら、この映画を観たのも、何かの縁(えん)だったのかもしれない。




記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/158-0d672be0
該当の記事は見つかりませんでした。