FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

桜を愛でる


春と言えば、桜。


儚く散ってゆく桜ほど、日本人的美意識の表象はないのではないか、そんな風に思えるようになったのは、30歳を過ぎてからのことだった。


DSC01358 のコピー



最近では、生きているだけで素晴らしい、といったヒューマニズム的な考え方がずいぶんと日本に蔓延してしまったけれど、本来の日本人は、己の哲学や美学を命よりも大事にしていたと思う。



人の夢と書いて儚い、というのも、そんな死を意識した日本人らしい発想ではなかったのではないか。




僕もこの歳になって、ようやくその儚さを理解し始めている。



DSC01384 のコピー



その儚さ故に、瞬間、瞬間をどう生きるか、そんなことを真剣に考えるようになったのだ。



もちろん、春は毎年やってくる。



しかし、今年の春は、来年にはやってこない。



過去に接点があったとしても、過去に接し直すことは決して出来ないのだ、と思うと、桜一つ愛でるにも、感慨深いものを覚えるのだ。



だから僕は毎年、子供たちを連れ、家族で花見にも出かける。



リビングには、必ず桜の枝をフローラベースに生ける。



DSC01445 のコピー



花開いて、散り、葉桜になる、その瞬間、瞬間を、毎日愉しみにしているし、その度に、そんな季節を感じられるこの国に生まれた事に感謝したくなる。




灯台下暗しと言うけれど、本当に良い物は、案外、目の前に転がっているのかもしれないし、何より、桜は、生き様よりも死に様、そんなことを僕らに教えてくれている気がする。



記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/151-17c10b38
該当の記事は見つかりませんでした。