FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

パーヴォ・ティネルのゴールデンベル(15)

リメイクと言うと、今ではおなじみの言葉になったが、実は結構昔からあるようだ。


それでも所詮は、元のデザイン以下でしかないものがほとんどではないだろうか。


しかし、このパーヴォ・ティネルのゴールデンベルは違う。明らかにアルヴァ・アアルトが創ったそのデザインを凌駕しているのだ。





これが発表されたのは1930年代後半(詳しくはわかってはいないが、おそらくアアルトが発表してからそう遠くない年)


当時、フィンランドでは照明デザインの世界では第一人者となっていたパーヴォ・ティネル。


その彼が、自らが率いる職人集団であるtaito社で、このゴールデンベルを制作したのだ。


しかし、その直後、アアルト側から何らかのクレームが入り、発売を見送られることになる。



憶測でしかないが、アルヴァ・アアルトがこのデザインに嫉妬したのではないか、と僕は思っている。


それほど、このゴールデンベルが美しかったとも言えるのだが、当時は著作権などが曖昧だったことから、こういった問題に発展した可能性もある。



どちらにせよ、このゴールデンベルは、それ以降、表舞台に立つ事は無く、幻の照明となってしまったのだ。



ちなみに、こいつの存在を僕が知ったのは、北欧家具taloの山口太郎氏からの紹介だった。



パーヴォ・ティネルの存在は知っていた僕だったが、パーヴォの照明は高嶺の花。普通に手に入れられる金額でもなければ、そう簡単に市場に出回る物でもない。



それが幻のゴールデンベルとなれば尚更だ。



それだけに興奮気味に話す山口太郎氏に対し、僕は完全にリアリティーが欠如していた。



しかし、日を追ってそれが現実味を帯びてくる。これはとんでもない照明ではないか!そう思うようになったら、いても立ってもいられなくなった。



後日、金額もそれなりの物だったのだが、僕は躊躇することなく、これを手に入れることにした。



以前にも書いたが、物には名目と実質という二つの価値(値段)がある。このパーヴォの作ったゴールデンベルは、確実に名目を上回る実質価値があると判断したからだ。



そして、それを早速家に飾ってみた。その瞬間、僕は自分の判断が間違っていなかったと確信した。それほどこのゴールデンベルが放つオーラが素晴らしかったのだ。



DSC05164.jpg




一つ一つ丁寧に手作業で開けられた、パーヴォ独特の小さな穴から発せられる光の芸術。


もはや、デザインを超えた何を感じざるを得なかった。


きっと当時、アアルトはこれを目の当たりにしたのだろうと思うと、その気持ちを察する事ができる。


ヴィンテージの家具とは、そういった歴史や当時のデザイナーの想いすらも感じる事が出来るというのも、面白い所かもしれない。






hair&make cover with earth
美容室カバーウィズアースへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ


記事が「イイネ!」と思った方、ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと押して下さい↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ






スポンサーサイト



Category : 照明
Posted by デザインパパ カーツ on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

桜島お湯割り says..."記念書き込み"
谷崎潤一郎の『陰翳礼賛(いんえいらいさん)』(※陰翳を認め、それを利用する事で陰翳の中でこそ生える芸術を作り上げたのであり、それこそが日本古来の芸術の特徴)という言葉を思い出しますね。

陰影と光との兼ね合い、その絶妙さで、その照明器具としてのデザイン性や生活空間の中での存在感・存在意義、そしてそのものの芸術性が浮き彫りになると。こういうのって改めて大人の(良い意味での)贅沢だと思います。良いものには出し惜しみしないのがまた、大人の嗜みでもありますね。
2013.11.17 16:34 | URL | #KRy6cMF. [edit]
カーツ says..."難しい事言うなぁ"
なかなかこういうコメントくれる人いないから、ちょっと面白かった。でも空間は光が大事ですよね。それも芸術性の高い光。日々の暮らしが豊かになる気がします。
2013.11.17 16:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/15-f62de2d6
該当の記事は見つかりませんでした。