FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

本物を見極め、大事に扱う(中編)



前回は、歴史の賢者であるケインズと西田幾多郎の言葉を紹介しながら、過去と物について考えてみました。



今回は、そんな未来に残したくなる物を選ぶ目をどう養うか、という話をしてみたいと思います。



まず、物を選ぶ目の前に、新しい物に懐疑心を持たなければなりません。



なぜならば、沸いては消えて行く「新しい物」の中で、後世に残って行くものは、極僅かでしかないからです。




DSC00855 のコピー






未来はあくまで不確実であり、また選ぶ人間側も不完全ないきものです。




それだけに、後世にまで残る物を選び抜くことは、運試しの如く、極めて難しいと言えるでしょう。




おそらく、僕自身も、確実に「これは残る!」と断言できる新しい物はありませんし、その能力もありません。




しかし、唯一わかるものもあります。それは、歴史が証明してきたものです。




なぜならば、作られた時期から考えれば、現在はその後世に当たるからです。



DSC00667.jpg





言うならば、前編で述べた、「過去」というキーワードこそが、未来に残る、良品を選ぶ上で極めて大事になるということなのです。



そう考えれば、物を選ぶ目を養うことは、ある意味、歴史に学べということでもあるわけです。




具体的には、少なくとも、デザインされてから50年以上経っていて、未だに価値のあるものであれば、ほぼ間違いなく、未来に残せるでしょう。




しかし、中には「新しいというだけの価値」の反対に「古いというだけの価値」のものが存在することもありますので、そこには気を付けなければなりません。




また、デザイナーの名前が付いているから、大丈夫だとか、ないから駄目というのも違います。




それこそ、これからが本当の意味での、「見る目」が必要になるのです。




後編では、そんな本物を見る目は、こうすれば養える!という核心に迫まり、まただからこそ、大事に物を扱える!、という話をしたいと思います。



記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/148-e8557f63
該当の記事は見つかりませんでした。