FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

イームズのアームシェルロッキング(107)



DSC00026 のコピー


イームズのシェルチェアには、とても強い思い入れがある。


何より、僕がインテリア好きになった、きっかけでもあるからだ。



以前にも話した事があるのだけど、初めてイームズの椅子を買った時は、その場で何時間も悩み続けた末に購入を決意したほど、当時は椅子一脚に2万円を払うだけの感覚が僕には無かった。



そして、そんな悩みの末に、初めて手にしたイームズのシェルチェアを前に、夜中までにんまりと顔を崩して眺めていたものだ。




DSC00826 のコピー




それから数脚のシェルチェアを購入し、保有していたのだけど、ここ数年で、その数は減り、今ではこのロッキングチェアただ一脚となってしまった。



では、なぜ僕がそんな思い入れがあるシェルチェアを手放したか、と言うと、一つに北欧デザインに好みが変わったからというのがある。




そして、もう一つに、強い思い入れがあるものをずっと手元に置いておくことが、望ましいとは思えなくなったからだ。



DSC00092 のコピー





ただ、このロッキングチェアだけは、どうも手放せない。



座り心地がとても良いというのもあるし、造形的にも文句無しに美しい。



また、たった一本だからこそ、その良さというものが、わかるとでも言えば良いのか、その存在感とイームズの偉大さを感じるのだ。

      
それは、あのときのイームズという選択が、間違えではなかったという証なのかもしれないし、良いものは良いという単純な話なのかもしれない。


まあ、どちらにせよ、このロッキングチェアは、当分僕の元から離れないということだけは確かのようだ。




記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Category : 家具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/144-ebcb8ff6
該当の記事は見つかりませんでした。