FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

椅子から始める!(後編)


二回に渡って椅子の魅力について語ってきましたが、最後は私のあるエピソードを紹介したいと思います。


DSC00315 のコピー



まだ私が椅子の世界をあまり知らなかったとき、とある本に載っていたレイ&チャールズ・イームズのラ・シェーズという椅子に目を奪われました。



そしてその後、調べてみると、その値段に驚愕!

 

当時の私の月収の四倍はしていたのです。



もちろん、購入など非現実的で高嶺の花のように眺めているのが精一杯でした。



しかし、そんなとき知り合いの椅子コレクター(建築家)の方に、


「その椅子は確かに今の君には高いと感じるかもしれないけど、その椅子は一生、君にデザインを教えてくれるんだから、学費を払ってると思えば安いもんだよ」


と言われたのです。



確かにデザインの専門学校に通うとなれば、年間百万円ほど掛かります。それを二年や四年も通うわけですから、相当な金額になってしまうわけです。




そう考えると、一生デザインを教えてくれるその椅子など安いものだと、私は即購入を決断したわけです。



そして今、その方がおっしゃられたように、私はラ・シェーズという椅子から、払ったお金以上の多くのものを学ばせてもらったと心から実感しています。



DSC00316 のコピー




また、子供は何より経験によって成長していくという観点からも、小さな頃から、世界のトップデザイナーの作品に触れることは、すばらしい体験であり、すばらしい教育になることは間違いありません。
       


以前にも話しましたが、名作椅子に子供たちを触れさせる事は、素晴らしい情操教育になると思うのです。


ぜひ、そういう観点からも、名作椅子を見てみて欲しいものです。




三回に渡って椅子の魅力について語ってきましたが、いかがだったでしょうか?



これを機に「椅子から始める!」ぜひ、実践して頂けたら嬉しく思います。



記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

SABOT Furniture『北欧家具と日本人』

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/138-8632e55e
該当の記事は見つかりませんでした。