FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

アメリカの工業用ランプ(96)


自他ともに認める?真鍮好きのワタクシ。


あの、金とも銅とも違う、独特の色合いに、経年による風合いが加わることで醸し出される高級感。そんな真鍮の年代物を見つけると、ついつい「萌え」ってしまう。



今回紹介するのは、そんな真鍮製のインダストリアルデザイン(工業デザイン)のランプ。


DSC03982.jpg



おそらく、フォルムからしてアメリカ製だろうか、年代も50〜60年代の物と思われる。



この小さな照明が、アメリカの巨大な工場に、無数に付けられていたのだろうと想像すると、真鍮好きとしては心躍ってしまうのだが、さすがに工場を住まいにするわけにもいかず(笑)



ということで、この小振りなフォルムが映える、洗面台用として使う事にしたのだが、これがまた赤い壁との相性が抜群。




また、普通の電球を使うのではなく、あえてレトロなエジソン電球を合わせることでより当時の雰囲気を再現させることができたと思う。



DSC03984.jpg



以前も話したかもしれないのだけど、真鍮は年代によって銅と亜鉛の比率が違うというのをご存知だろうか。



僕の知る限り、年代が古い物ほど銅の比率が高く、赤みが強く、また、酸化されると緑色の銅錆が浮いてくる傾向にある。



DSC03983.jpg



だから、「銅錆が浮いている」真鍮物を発見した日には、一人テンションが上がってしまうわけだ。


加工がしやすく、日常生活の中でも目にする機会の多い真鍮だが、ぜひ、そんな視点で見てみてはいかがだろうか。



もしかすると、貴方も真鍮の魅力の虜になるかもしれない?



※本当ならマイナスネジを使いたかったんですけどネ♫


記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Category : 照明
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/111-c8399f19
該当の記事は見つかりませんでした。