FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

Villeroy & Bochの器(11)

オシャレなレストランに行くと、僕は必ずと言っていいほど、器の裏を覗く。


この器はどこのブランドなのだろうか? どこで売っているのだろうか?と。


そんなある日、友人のレストランで見つけたのがこのVilleroy & Bochという老舗食器メーカーの器だ。


DSC04230.jpg


白のシンプルな器だが、そんな中でも素材、色、質感、形と全てにこだわりが見られる。


特に僕が気に入ってるのは、その色だ。


白は白でも、ただの白ではない。独特の深みと温かみのある白なのだ。



DSC04229.jpg



それはボーンチャイナと呼ばれる素材に骨粉が入っているせいなのか、はたまた染色なのかはわからない。


しかしながら、その白に対するこだわりが明確な意図として見えるのがVilleroy & Bochの器なのだ。


残念ながら、我が国では色に対する意識がやや低いように思える。特に白となると尚更だ。妙に白々しい白が良しとされている傾向すらあるように思える。


それは蛍光灯の文化が蔓延ってしまったせいか、またはそういった色を元々好む人種なのかはわからないが、どちらにせよ僕の感性とは少々、違うようだ。


また、Villeroy & Bochの器は強度もしっかりしている。例え、がつがつ洗ったり、子供が雑に扱ったとしても、今まで欠けた事すら一度も無い。



それは良い物を長期間、愛用したいと思っている僕にとってはとても嬉しいことだ。



おかげで今では我が家の白い器のほとんどがこのVilleroy & Bochのものになってしまった。



「素材は絵の具で、器はキャンパスだ」といった言葉がある。



そのキャンバスが良いものだからこそ、絵がより映えるのではないだろうか、そう思う僕にとって、今ではVilleroy & Bochの器は料理に欠かせない大事なキャンパスとなっている。







記事が面白いと思った方、ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと押して下さい↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Category :
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/11-1c0c9d0b
該当の記事は見つかりませんでした。