FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

アーティストだなんて名乗れない?


歌手の桑田圭祐さんにまつわる、こんなエピソードがあります。


某ラジオ番組で、桑田さんが司会者に、「今週のアーティストは桑田圭祐さんです」と紹介された際に、桑田さんは「おれはアーティストじゃなくて歌い手だ」と答えたというのです。


この話を聞いて私は、桑田圭祐さんこそ本物のアーティストだな、と思わず頷いたのを覚えています。


DSC09656.jpg



では、なぜ彼は自分のことをアーティストではなく、歌い手だと、わざわざ訂正してまで言ったのでしょうか。


普通に考えれば、日本の歌謡界を長年に渡って牽引してきた彼の功績からしてみて、誰の目からもアーティストと呼ぶに相応しいように思えます。


それでも彼があえてそういった表現をしたのは、実は彼がアートの深さを誰よりも理解していたからではないかと思うのです。


だからこそ、「おれなんかがアーティストを語るのは早い、歌い手で十分だ」と考えたのでしょう。



DSC00117.jpg



さらに深読みすれば、彼にとってアートとは神聖な領域であり、業界内で、アートやアーティストという言葉や肩書きが乱立し、軽率にそれらを名乗る人々があまりにも多いことに対して警鐘を鳴らす意味も隠されていたのかしれません。



また、これはなにも音楽業界だけの話ではないと思うのです。



私が長年関係してきた美容業界でも同じように、アートディレクターやクリエイティブディレクターなどといった肩書きを持つ方も多くいます。



それらも同様に、本当のアートやデザインが理解できていれば、そのようには名乗れない(恥ずかしくて)のではないかと思うのです。


DSC00074.jpg



デザインとは何か、アートとは何か、僕はこのエピソードを聞いて、そこに真剣に向き合うようになったように思います。



※もちろん、私のブログタイトルもしかり、デザインやアートという言葉は、今や広義的に使われているものなので、それらを否定するものではなく、あくまで狭義的な意味においての主観ですのでご了承くださいませ。




記事に賛同していただけた方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



【web掲載のお知らせ】


All about『本物から空間を考える「デザイパパ」カーツ』




デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』


スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://desinpapa.blog.fc2.com/tb.php/104-067ba6e8
該当の記事は見つかりませんでした。