FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

コルビジェLC4×ARTEKゼブラ(129)





以前からヴィンテージ(1960〜70年代)のLC4を保有していたのですが、ハラコの毛の劣化が激しく、日常使用するのに難があったので、今回はその劣化したハラコや枕部分を張り替えることに。



DSC04066 のコピー


DSC04067 のコピー




まず希少なヴィンテージということもあるので、極力オリジナルのテイストを残すため、交換の必要の無いものに関しては、そのままオリジナルパーツを使用。




DSC04195 のコピー
裏面のファブリックもオリジナルのまま。





DSC04156 のコピー
枕も当時使っていた皮とほぼ同じようなものに張り替え、チャックや金具もオリジナルを使用。



問題のハラコですが、そのままハラコに張り替えるだけでは面白みがないので、今回はあえてARTEKのゼブラを選択。



基本、ARTEK(アイノ&アルヴァ・アアルト)とコルビジェというのは、どちらも同じモダニズム期の中で活躍しながらも、テクスチャー(素材)やデザインに対する考え方が異なります。



コルビジェのデザインは、無機的かつ、フォルムを究極まで削ぎ落すようなミニマムさ、そして完成度への追求があるのに対し、ARTEK(アアルト)は、有機的かつデザインの余白(アート性)を重視しています。



そのため、本来であればあまり相性が良い組み合わせではないというのが一般的な発想で、これまでそれらをコラボすることをしてこなかったように思います。



DSC04187 のコピー






しかし、僕のデザインに対する考え方として、【本物は喧嘩しない】という持論があります。



デザインの山があるとするのならば、その登山ルートが違うだけで、頂上に向かえば向かうほど、その接点や共通項、調和がみられるものなのです。



さらに、LC4はハラコもそうですが、アニマル柄との相性はそもそも良く、過去にはゼブラ皮を張っているものも存在しますし、アアルトもラウンジチェアNO43という寝椅子もあります。



そういった共通項を上手く引き出すことが出来れば、完璧なデザインとされたコルビジェLC4の完成度を下げずに、(むしろその良さを引き立たせる)リデザインができるのではないかと、考えた訳です。



DSC04182 のコピー






DSC04166 のコピー





もちろん、好みもあるでしょうけど、実際に仕上がった姿を目にすると、コルビジェの良さも消さずに、ARTEKのゼブラの良さも引き立っているように見えます。



新たな発想で、新たな価値を創出する、というと大げさかもしれませんが、本物×本物の組み合わせは新たな化学反応を起こす、ということを改めて感じました。





最後に、張り替えていただいたph.d.さん、確かな技術で、細かな指示にも対応していただき、本当にありがとうございました。



コルビジェにアルテックのゼブラが合う?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Category : 家具
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。