FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

部屋はその人を映す鏡?




ある人を形成するにあたって、その表面的な部分から内面を、また内面的なものから表面的なものへと相互に依存し合うという、解釈学的循環というものがあります。



すなわち、その内面は、外見に依存し、外見もまた、内面に依存する、というわけですが、その外見というものをピックアップし、もう少し、大局的に捉えると、観相学というものに行き着きます。



観相学は、例えばどのような人相なのか、どのような車に乗っているか、どのような服装をしているのか、どのような髪型なのか、どのような食事を摂っているか、挙げればきりがないですが、その人にまつわる表面的なものを総合的に捉えることで、その人の内面というものを理解(解釈)していく、というものです。




DSC00735 のコピー





少し小難しい話ですが、簡単に言えば、部屋(住む場所)もまた、その人の内面を映す鏡であるということです。



家具を選ぶにしても、建築を選ぶにしても、そこに、選択という思考なり思想が否応無しにも介在してしまうからです。




とくに部屋(家具)は、建築ほど経済面に左右されませんから、余計にその人柄が見えやすいのです。



もちろん、ミクロ的(部屋)にもマクロ的(建築)にも、経済面が観相学において大事なことであるのは間違いありません。



どこにどれほどお金を使うのかというプライオリティー(優先順位)を決める場合もまた、思考、思想が大きく関係するからです。




DSC09991 のコピー




しかしながら、部屋は建築のように、際限の無い、言い換えれば、庶民の限界を超えるようなことはなかなか起きずらいため、そのプライオリティーに現実味がある、というわけです。



当然、その現実味というのは、【やればできる】範囲であって、選択の余地があるわけですから、観相学的にも多くの人が対象となるのです。


例えば、収入が少なくとも、家具に一点集中をすれば、収入とは関係のない家具に囲まれた部屋をつくることは可能ですし、逆に、収入が多くとも、家具や空間にプライオリティーを置かなければ、収入の少ない人よりも、貧相な部屋に暮らすということもあるでしょう。



もちろん、どちらが正解か、という議論をするつもりはありません。大事なことは、そこで暮らす人の精神であったり、性格、思想であったりが、その選択の結果によって表面化している、ということなのです。




そして、その選択の結果に出来た部屋というものを、解釈学的循環において、自分を映す鏡として捉え、自身を客観的にみることが可能ではないか、ということなのです。





当然、それを知ったからといって何も変わらない人もいるでしょうし、それによって、気づきがある人もいるでしょう。



ただ、知っていて、変えないのと、知らずして変えないのでは意味が全く違ってくると思うのです。



そんな【気づき】というものが、部屋というあなたの身近なことの中にあるとすれば、それは一つのチャンスではないでしょうか。



部屋は自分を映す鏡?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

レビュー(口コミ)は当てにならない?





家具や美容に限らずですが、今や、様々なジャンルにおいて、レビューというのが、重要な時代になっているような気がします。



しかしながら、そのレビューの信憑性というものは、本当にあるのでしょうか?



個人的にはかなり懐疑的に考えています。



まず、皆さんがレビューを書きたい!と思い、実行に移すときはどんな時でしょうか?



1、よほど気に入った。
2、よほど気に入らなかった。
3、お金がらみ(次回割引など)


主にこの三つではないでしょうか。



また、それ以外では、マニアやちょっと変わった方というのもあるかもしれませんが、これは購入者や施術者の1%にも満たないでしょう。




さて、上記の理由の中で、圧倒的に多いのが、3番目のお金がらみではないでしょうか。



実際、ホッ○ペッパーなどの媒体では、営業さんに、口コミを書いてもらうために、割引をしたらどうですか?と提案されたこともありますし、多くのサロンが、この手法でレビューを書いてもらっているとのことでした。



また、1と2ですが、これもまた、よほど感情に訴えかけるものが無い限り、一般的には、なかなか書こうとまではいかないと思うのです。



要するに、レビューのほとんどがお金がらみと、1%未満のマニアだけが書いている、というのが現状ではないかと思われます。




もちろん、お金がらみでも、マニアの方でも、あまりにも真実と異なることは書かないかもしれませんが、それでも、純粋に、真実とそれらが一致しているか、という問題については、やや疑義が生じるのも事実です。



個人的には、異常にレビューが多いお店、というのは、懐疑的に見ています。むしろ、少数の方が、お金がらみではなく、1や2を理由に書いている場合が多いので、信憑性は高い気がしています。




レビューがとても重要な、それこそ企業にとっては、大きな宣伝材料になりつつある今だからこそ、レビューを見る側のリテラシーもまた、問われるのかもしれませんね。




レビューを鵜呑みにしちゃ駄目?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。