FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

「アートは観るものではなく、触れ続けるもの」





美術館に行って、アート作品を観れば、刺激も感動もあるかもしれません。それをきっかけに芸術家やその作品に興味をもって調べたりすることもあるでしょう。



そういう意味において、アートを美術館などで観る価値はおおいにあると思います。



しかし、それはあくまで【きっかけ】にすぎず、美術館に行っただけでセンスは磨かれるわけでもなく、また暮らしが豊かになるとは限りません。



僕が考えるアートとの距離感?は、【日常の中】にこそあるべきだと思っています。



例えば家具や観葉植物同様に、自然と目に触れ、自然と手に出来るものとして、アートがあれば、それほど豊かな暮らしはないのではないか、と思う訳です。




10年以上前に、我が家を建築家さんに設計してもらった時も、「美術館のような家」を一つのテーマにしました。



それこそ毎日が美術館のような空間で過ごせれば、自分自身のセンスの向上や、子供達の情操教育にもきっと役に立つと考えたからです。




しかし、残念ながら、日本ではまだまだアートは「美術館で観るもの」という価値観から抜け出せていません。あくまで【非日常】が前提なのです。




それでは、人々の意識もセンスも向上しません。大事なことは、日常の中で、「触れ続ける」ことなのです。



それは無意識の中に入り込むような、それこそ毎日顔を洗い続けるような、そんな自然の中で、そのアートのセンスを吸収していくことが、何よりその人のセンスを磨いていくことに繋がる気がするのです。




無意識の【クライテリオン】とでも言い換えれば良いのでしょうか。そんなものが自然に身に付いていたら素晴らしいと僕はいつも思います。





アートは日常の中にあるべき?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

A SELECTION OF FINNISH MODERN Apr - May. 2020 in SNORK Modern and Contemporary




今回は春の恒例になっているSNORK Modern and Contemporary さんのイベントにお邪魔させていただきました。


今年のテーマは、フィンランドモダニズム。



DSC04606 のコピー





それもアアルトやタピオヴァーラといった日本でも知名度のあるデザイナーだけではなく、Aarne Erviや、Olavi Hänninenといった、まだ国内でも知られていないデザイナーの名作家具も厳選して展示しています。



基本、土日祝日営業ですが、アポイントメントで平日も可とのこと。



DSC04608 のコピー




より深く、フィンランドデザインや、アートとモダニズムの融合を学べる良い機会ですので、ぜひ、皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。



DSC04616 のコピー




余談ですが、うちの中三の息子を一緒に連れて行ったところ、家具の素晴らしさに目覚めたらしく、アアルトの30'Sの傘立てが欲しいと突然言い出しまして、、、


しかし彼が10年近く貯めていた全財産でも足りず、、、、へこんでいたので、その欲しいという思いをちゃんと伝えてごらんとアドバイスをし、本人からSNORKさんに話をしたところ、



「全財産を使い切ってまで欲しいという思いは、決して値引き交渉じゃなく、それは情熱と勇気です。なので今回は特別に、残りは出世払いでいいですよ」というありがたいお言葉を頂き、そのご好意で購入できることに。


実際、僕がその年頃で、全財産を投入する買物ができる勇気があったか?それも「傘立て」に。(まあ、傘立てというよりは、そのものの歴史、雰囲気、デザインを評価したのでしょうが)


たぶん、そんな勇気は当時僕には無かったでしょうね、、、


しかし、お金の価値が全ての優先順位を決めてしまうような今の世の中において、


お金よりも「情熱」や「本質的な価値」を優先した息子の選択と勇気と成長に、すこし感動を覚えましたし、自分もなんだか教えられた気がしました。


PSちなみに、その傘立ては、自分の部屋に飾るらしいです。笑



フィンランドデザインはまだまだ奥が深い?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

父たちよ家へ帰れ



「父たちよ家へ帰れ」とは、僕が敬愛する、建築家、故宮脇壇(みやわきまゆみ)先生の有名な著書のタイトル。



まあ、細かな内容は割愛させて頂くとして、まあ、男性が家やインテリアに無関心で、全て嫁さんに丸投げする現状を嘆いているものなのですが、



宮脇先生亡き後、世の中も変わりつつあり、男性でも建築、インテリアに積極的な方も増えつつある今日この頃。



それでもまだ「家は女性のもの」というある意味、根源的な部分の変化は乏しく、ほとんどの家、もしくは家造りにおいて、女性主導であることは否めません。



もちろん、この状況を全面否定する気はないのですが、やはりそういった家を目の当たりにすると、バランスが悪いな、と思ってしまうのも事実。



それは男女の差とでも言いましょうか、中島みゆき的解釈をすれば「縦の糸と横の糸」という根本の違いとでも言いましょうか、




そのバランスを欠いた建築、インテリアは、場当たり的と言うか、目先だけの安価なものや、流行に左右されすぎているもの、統一感、様々な点において、微妙だな、と思ってしまうのです。



DSC08769 のコピー




そもそも男女では、脳の造りが違います。女性は「現実と感性」、男性は「理想と知性」
というと大雑把でしょうが、メトニミーとメタファーの違いが男女にはあるのは事実でしょう。




その違いを上手く融合させてこそ、良い建築、良いインテリアを作ることができるのではないか、と常々思うわけです。



まあ、「織りなす布は誰かを温めうる」というわけです。



さて、そのバランスはすなわち夫婦のバランス(平衡感覚)とも言い換えられます。



家事、育児、仕事、それらを男女で分担することはもちろん夫婦のバランスにおいて重要ではあるのですか、それらのベースになる建築、インテリアこそ、「夫婦融合」するべきではないか、と思うわけです。



そのためには、まず、男(父)が、仕事にかまけずに、建築、インテリアにも少し目を向けましょうね!という話。


奥様がスッピン、ジャージ姿でお迎えしてくる現実はさておき、仕事で疲れて帰った家が心地よく、美しく、優雅だったら最高でしょ?笑


父たちよ家へ帰れ?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

フィンランドヴィンテージVSデンマークビンテージ(後編)



さて、前回は、概要としてデンマークデザインとフィンランドデザインを比較してきましたが、それが数十年の時を経て、ヴィンテージとなった今、どのようにその評価がなされているかについて、今回は述べて行きたいと思います。



まずデンマークヴィンテージですが、ウェグナー、ユールのプロダクトは、根本的に当時の生産数が少なく(特に職人技術を多く必要としたフィン・ユールのプロダクト)、希少性という意味において、高い評価を受けています。




DSC04012 のコピー




また、日本人に限定すれば、デンマークプロダクトの特性である、高級素材、職人の技術、伝統工芸は、日本文化との親和性も高く、高額であるにも関わらず、人気なヴィンテージ家具として確立されています。



と同時に、その支持層は、主に中年層に限定されているのも事実で、その理由としては、まず高級故の金銭的な問題があるのでしょう。


さらにチークやローズウッドなどの木材は、高級感と同時に、シックな印象を与えることもあり、男性に好まれることが多いように思われます。


それに対し、フィンランドで使用される木材は、バーチ材であり、軽快かつポップな印象があり、若年層や女性に人気であると同時に、高級感が乏しいという側面があることから、金銭的な余裕のある中年層の支持が弱いのも事実です。



また、ウェグナーやユールよりも、アアルトやタピオヴァーラのプロダクトは長期にわたり生産されていた(いる)ため、希少性という意味においても低く評価されがちです。



しかしながら、これらデザイナーの初期のプロダクトは、現在、希少性が極めて高く、ウェグナーやユールのヴィンテージ同様に、入手したくともなかなか現地ですら無いというのが現状です。



DSC09965 のコピー




ただ意識としては、やはり現場でいくらその希少性と価値を訴えても、年代が違うだけで、同じプロダクトの母数が多いため、その違いを評価する人は少ないように思えます。



また、その支持層が、若年層や女性であることから、金銭面がボトルネックになってしまっている気もします。



それ故に、なかなかそういった希少性のあるフィンランドプロダクトの【価値付け】が進まないのでしょう。


それでも今、世界的にみれば、これら初期に製造されたフィンランドプロダクトは高く評価されつつあるのも事実です。




DSC09979 のコピー




既に日本国内で、高く価値付けされているデンマークヴィンテージ、そして、まだまだ価値付けが進まないが、世界的には評価されつつあるフィンランドヴィンテージ。
どちらもその良さがあるのは間違いないと思いますが、今後、デンマークヴィンテージ同様に、フィンランドヴィンテージの価値付けが進んでいくことで、より、北欧ヴィンテージの全体が盛り上がるのではないでしょうか。



どちらも良い?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

フィンランドヴィンテージVSデンマークヴィンテージ(前編)




一般的に、北欧家具と一括りにされることも多いですが、個人的には、フィンランドデザインとデンマークデザインは、例えば、和食と中華ほどに、違いがあるように感じます。



では、どこがどのように違うのでしょうか。



まずデンマークの著名なデザイナーと言えば、真っ先に挙げられるのは、ハンス・J・ウェグナーではないでしょうか。



ウェグナーは、Ychairを初め、世界的にも知れ渡っているデザインを多く輩出し、今なお人気に高い家具であることは周知の事実ですが、その価格帯はやはり高級路線であることは間違いありません。



また、ウェグナーと並ぶ巨匠であるフィン・ユールもまた、職人の技術、素材、フォルムへの追求という家具の最高峰を目指したデザインであり、現在、その初期プロダクトは数百万で取引されているものも数多くあります。



DSC04007 のコピー





そもそもデンマークモダニズムは、【伝統工芸を取り入れた美への追求】が根幹にあるような気がします。


それ故に、主な素材はチーク、ローズウッドなど、高級木材を輸入し、それらを優秀な職人の手によって、一つずつ丁寧に仕上げて行く、というプロセスを経ているものが多く、それらを受け入れた(値段的にも)国民性と文化(経済力も含め)が根幹にあったのではないかと思います。



もちろん、デンマークにも、アルネ・ヤコブセンや、ボーエ・モーエンセンなどといった比較的安価なプロダクトを提供している人気デザイナーもいますが、やはり素材へのこだわり、職人技術という面において、フィンランドより、基礎レベルが高い気がします。



それに対し、フィンランドデザインの根幹は、大衆的(ポピュラー)であり、誰でも手に入れやすい価格帯にするための工夫が随所になされています。



そのため、素材は自国内で採取が可能なバーチ材(白樺)を使用し、また高度な職人技術が無くとも、製造が可能な設計により大量生産が可能となり、なおかつ強度(買い替えずにすむ)にこだわった物になっています。



この考えは、フィンランドの巨匠、アルヴァ・アアルトの思想であると同時に、当時のフィンランドという国柄、文化、国力を如実に現した結果であるように感じます。


しかしながら、フィンランドデザインの中にも、パーヴォ・ティネルに代表されるように、職人の技術を駆使したデザインが存在するのも事実です。



DSC03751 のコピー





これらは今、世界的にも高く評価され、中には美術品扱いを受けるものもあるのも事実です。



後編につづく


後編も気になる?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。