FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

ヴィンテージとアンティークは何が違う?





ヴィンテージとアンティークは何が違うのか? おそらく、一般的には、ほとんどの人が同じような認識をされているように思います。


しかし、そこの知識が曖昧な故に、売り手側も、ヴィンテージと呼ぶには明らかに程度の低いものや、アンティークではないものをアンティークと称して売っていたりするのです。




そこで今回は、実際、ヴィンテージとは何か、アンティークとは何か、また、巷で氾濫しているジェネリック、リプロダクトとは何か?さらに復刻ものや、オリジナル、中古、正規品など、様々な業界の用語を一度、僕なりに整理してみようかと思います。






まず、ヴィンテージですが、基本的に製造から30年以上〜100年未満ものものを【ヴィンテージ】そして、100年以上経ったものが【アンティーク】と僕は定義しています。



なので、現状(2020年現在)では、モダニズム期に造られた家具のほとんどがヴィンテージになり、アールヌーヴォー、アールデコ期のものがアンティークという棲み分けになります。



DSC00785 のコピー





また一言にヴィンテージといっても、初期(デザイン当初)に製造されたものを【オリジナルもの】、近年に造られたものは【中古品】、その間がただの【ヴィンテージもの】

(※実際にこの辺りは曖昧な部分もあり、メーカーなどが変遷している場合などは分かりやすいのですが、そうではない場合、年代で明確な区分がないものも多々あります)




さらに、当時製造されていたものが時を経て再び、著作権(パテント)を持っていたメーカー、もしくは買い取った会社が製造を再開したものは、【復刻もの】(正規の復刻とも言う場合があります)




そこに大きな手を加えた場合や、著作権が切れているプロダクトを、当時の著作権とは無関係な会社が製造、販売した場合は、【リプロダクト】又は【ジェネリック】



また、ARTEKの家具のように、デザイン当初から著作権をもっていたメーカーが製造をし続けている新品商品は、【正規品】



DSC03001 のコピー





このように分類するのが良いのではないか、そう考えています。


もちろん、複合的に、【正規のリプロダクト】、【正規の復刻】、【復刻の中古品】、【リプロダクトの中古品】などなど、様々ありますが、基本的な考え方としては、著作権(例え切れていても、過去の系譜として持っていたかどうか)と製造されてからの年数というのが、大きな区分になるかと思います。



それらをふまえ、自分が何も選ぶのか?というのは、
これだけ様々なものが(まるで別物なのに、、、)同じ商品名(デザイン名)として氾濫している世の中では、持つべき知識として大事ではないかと思います。



もちろん、これらは僕の定義であって、全てにそれが当てはまるというわけではありませんが、少しでも参考になればと思います。



ヴィンテージに定義がある?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

お金よりも大事なものをどれだけ見つけられるか。



僕の人生の一つのテーマでもあるのが、【お金よりも大事なものをどれだけ多く見つけることができるか、そして手に入れることができるか】です。



もちろん、お金というのは、その価格(数字)と物の価値の比較になるので、厳密には、その価格よりも、物の価値が上回っている、ということなのですが、根本的な思想としては、やはり、【お金よりも大事なもの】という表現の方がしっくりきます。



近年、消費傾向は下降気味で、世の中の景気は一向に上向いてはいませんが、その一つの要因になっているのが、「欲しい物が無い」ことではないか、と思います。



もちろん、お金がない=欲しいものを見つけない、または、見つけられない、という心理は理解できます。



しかし、その、見つけようとしない、という心理、思考こそが、お金よりも大事なものを見抜くセンスを奪っているのではないか、と思うのです。




DSC03749 のコピー





やはりお金は使わないとそのセンスが磨かれません。欲しいものを見つけることもしかりです。



そういった感性が身に付くことが無ければ、逆に人はお金にしがみつくようになるのではないか、と思うのです。



お金はあくまで利用するもの、選択肢を増やすもの、本来はその程度のものなのです。




しかし残念ながらお金に隷属されてしまっている人を多くみます。それこそ僕は残念な生き方だと思ってしまうのです。


もちろん、ひとそれぞれの価値観と言われればその通りなのですが、やはり、お金より大事なものを多く見つけている人は魅力的に感じます。



いかに、お金に利用されず、隷属されず、本当に価値のあるものを見抜けるか、そしてそれらを暮らしの中で活かせるか、僕はそんな大事なものに囲まれた人生を送りたいと常々思います。



最後に、今年一年、拙い当ブログをいつも読んでいただいている読者に、心より感謝いたします。



nennga のコピー





また来年も発信しつづけて行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。



それでは良いお年を。



お金よりも大事なものを探せ?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

ビンテージ家具は、リサイクルのなのか、継承なのか




リサイクル(recycle)と継承(succession)は似て非なるものであると僕は考えています。



それは、【リ・サイクル】、すなわち現状に戻して行く、繰り返し回転させていくのがリサイクルであり、そこに「継承」という意志があるかどうかが別問題であるからです。



それに対し、継承(succession)は、明確に、将来に繋いでいくという意志(思想)があります。



僕が考えるビンテージ家具とは、この後者の方であって、決して単なる繰り返しの行為ではないのです。




DSC09997 のコピー






しかし多くのビンテージを扱う業者さんが、残念ながら、このリサイクルの意識でビンテージ家具を扱っているように感じてなりません。




もちろん、「経営」がプライオリティー(優先的)になれば、サクセションなどという理想は二の次三の次になって、とりあえず回転(経営的に)させていくしかないのでしょうし、それは生活のために仕方のないことだと理解も出来ます。




しかし、ビンテージ家具は、ただの物(商品)ではありません。文脈、デザイン、歴史、思想、様々なものを内包しているのです。




それらを無視した現代人が、今だけを見て、単なる物(マネー)に変換させてしまえば、それこそ買い手にその意志が継承(succession)されることはありません。




本当に良いものは今だけではなく、後世に残していかなければならないと思うのです。そのためには、単なる物(商品)としてではなく、その本質的な【作品価値】を付けて行くことこそ、大事ではないでしょうか。



もちろん、現状のビンテージ家具や雑貨が全て、その価値があるかと言えばそうではありません。



リサイクル品のような(ビンテージ家具という名ばかりのユーズド家具)もありますし、古いというだけで価値のないものも多くあります。



そこはある種、区別し、お客さんに対し、僕らが説明していかなければならないと思っています。




歴史に残る作品こそ、【リサイクル】ではなく、【継承】(succession)していくことは、現代に生きる人として、過去への敬意、そして未来に対する義務ではないでしょうか。



本当のビンテージ家具はリサイクルじゃない?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

インテリアと経路依存性




経路依存性という言葉は一般的に聞き慣れないかもしれません。


様々な現在の決定は、過去の経緯、選択(過去に決めて来た道とでも言いましょうか?)によって、制限されてしまう、という論理なのですが、実はこれ、インテリアにも当てはまるのです。



例えばインテリアに興味を持つ前から所有していたソファーがあったとしましょう。それがまだまだ使える状況にあるとします。



そうすると、「もったいない」という感情と共に、本人の感性(センス)が過去の経緯の延長線上なので、新たなテイストや良いものを勧めてもらっても、なかなかそこに手が出せなくなる、というわけです。



この心理的制限(感性の制限でもあるのですが)によって、より良い決断、選択が出来なくなり、いつになってもオシャレな空間が作れなくなるのです。



DSC08891 のコピー




もちろん、過去を全て捨てろ!などという乱暴なことを言うつもりはありません。



過去の延長線上が現在であり、その延長線上が未来である、という事実は変わりませんし、時間は不可逆である以上、その過去の経路を変えることも不可能です。



では、どうしたら、現在、未来の経路を変えられるのでしょうか。



それは小さな変化からしか変えられないのです。



よく、お客様が「家を買ってから、とか、引っ越しをしたら家具を買い替えたい」というのですが、実はその方法で変えることはほぼ不可能です。




仮に出来たとしても古い物から新しい物に変わっただけか、もしくは、今までのレベルよりせいぜいワンランク上がった程度でしかありません。


それは先ほど述べたように、その人間の【センス】がそもそもその経路依存性の範囲内であるからなのです。
※よほど、センスのいいプロのコーディネーターを入れるとかすれば良いのですが、これもその後のメンテナンスを考えるとなかなか難しいのです。。。



DSC00003 のコピー




そうなると、急進的にオシャレな空間を造り上げる、というのは、物理的かつ瞬間的には可能であっても、現実的にはほぼ不可能になってしまいます。



そんな経路依存性から脱するためには、例え、地味であっても、漸進的に変えていくことこそ、一番の近道なのです。



まずは勇気をもって、「一脚の本物の椅子」から、始めてみてはどうしょうか。




経路依存性からの脱却は一脚の椅子から?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

妥協から生まれるものは後悔しかない




美容にしてもインテリアコーディネートにしても、僕は常に妥協しない、という理想を最優先順位に置いています。



それは過去に、自分が妥協した結果、結局その妥協部分を後悔したという経験が一番大きいからです。


特にお金をプライオリティーの最高位に置くと、結果、必ずと言って良いほど妥協がつきまといます。



DSC03512 のコピー





もちろん、お金が儲かったのだからよい!とするのならば、そのような価値観もあるでしょうし、否定もしません。



しかし、もの造りにおいて、その価値観こそ、自分の成長を妨げるものになってしまうと思うわけです。



むしろ、お金は結果的でいい。それもすぐに結果がでなくてもいい、そう心構えをしておく程度で僕は十分だと思うのです。



ただ、自分のやりたいことを継続するためには、当然お金も必要でしょうし、妥協せずに継続することの難しさは、嫌というほど知っています。



当然、妥協しないための妥協も必要になることもあるでしょう。



DSC03517 のコピー





しかし、それでも決して見失ってはいけないことが「妥協しない」ことなのです。



一般的にそれは、生きづらい考えかもしれませんし、不器用な生き方なのかもしれませんが、どうやら僕はそんな生き方しかできないようです、、、笑




妥協して良いことは無い?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。