FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

ヴィンテージ家具に囲まれた生活



今回は設計段階から関与させていただいた物件紹介です。



DSC04519 のコピー



クライアントは、美容室のお客様であり、また元々インテリアが好きで、10年ほど前に、ヴィンテージ家具を勧めたところ、その後にヴィンテージの魅力にどっぷり浸かっているご夫婦とお子様二人。




そんなこともあり、所有しているヴィンテージ家具など、インテリアを中心にした建築設計となりました。




DSC04533 のコピー





image1.jpeg


建築家は、美容室の建築でもおなじみの筒井紀博氏。



そして、インテリアの監修は、Modern&Contemporary SNORK。



最強?の布陣で挑んだつもりだったのですが、実際にやってみるとこれが意外と難しい。



それぞれの立場で考え方や視点が違うので、それらを統合するのは容易ではありません。



例えば、インテリアを流動的と解釈するか、固定的と解釈するかでも全く違ってきますし、
その流動性も、その家具そのものの普遍性や文脈を内包したもの(経年変化も含め)なのか否かでも変わってきます。



建築は当然、ある一定は固定的(普遍性)でありますし、その中での経年変化(これが流動性と解釈することもあるでしょう)を求めるわけで、インテリアとの共通項がありながらも、相反する部分も出てきてしまうのです。



また、それらをクライアントに理解してもらう努力もしなければなりません。




DSC04521 のコピー




A7204134.jpg




DSC04517 のコピー



試行錯誤しながら、なんとかクライアントに満足していただける内容になったと思いますが、今後は、この経験を活かして、さらに上手に統合しなければならないと反省。。。。



ともあれ、空間的にはとても住みやすそうですし、ヴィンテージの家具も空間に映えていると思います。





統合するのは難しい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Specialty Vintage Furniture〜Danish&Finnish




神宮前で3日間限定で開催されているデンマークとフィンランドのトップピースのみを扱った展示会に行ってきました。



DSC04007 のコピー





友人でもあるSNORKさんの展示は、さすがのセンスとしか言いようのないコーディネートとラインナップ。



北欧ヴィンテージのトップピースを価値付けしていくという意味において、日本では先駆的な存在であるのは間違いないでしょうが、何より、その「裏付け」と「説得力」というものが「確信」となってきているように思えます。



DSC04012 のコピー





もちろん、一般的にまだまだ日本ではこのようなトップピースの認知度、そして価値というものが確立されてはいません。



デザインの分野、アートの分野でも、人々の関心や意識が低いようにも感じます。



しかしながらこのような展示会をおこなっていくことで、少しずつ浸透していくのではないでしょうか。



DSC04008 のコピー
パイミオサナトリウムで使用されていた希少な403



DSC04009 のコピー
1930年代のFinmar611



何事も先頭に立って何かをやる、というのは大変なものです。熱量というべきか、その情熱や信念の強さというものが無ければ、当然、出来ることではありません。




地道な活動という意味においては僕も同じですが、やはり同志として、友人として、今後も、彼らの活動を少しでも後押しできるようにしていきたいですね。



DSC04010 のコピー





Chickadee&HOME + SNORK

2019 .12.6(fri)-8(sun)

デンマークヴィンテージファニチャーのトップピースをメインに取り扱Chickadee&HOME
フィンランドのトップピースを取り扱うSNORK modern and contemporary
普段はそれぞれ地方に実店舗を構える両社による、スペシャルPOP UP SHOPを3日間限定で開催いたします。

会場
東京都渋谷区神宮前3−25−18 THE SHARE104 Joint gallery




本物中の本物のヴィンテージ家具が見られる?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Craft Beer Cafe × Alvar Aalto Vintage Furniture




今回は、三鷹に拠点を置く、【OGA BREWING】というクラフトビール工場内に併設されたCraft Beer Cafeの内装、インテリアのプロデュースをさせていただきました。



DSC03949 のコピー




DSC03932 のコピー




店内インテリアのベースはAlvar Aaltoの希少なヴィンテージ家具。



女性、男性ともにくつろいでいただけるような、ポップさと落ち着きの両面からアプローチした空間に仕上げています。


特に、【Dover Street Market London】からインスピレーションしたダイニングスペースは、Aaltoのchair No69,No66,No65,NoA65,No68と、それぞれ背もたれの高さが異なる椅子を段違いで配置。



sdasdaaddaada のコピー


ペイント系を中心にしたヴィンテージのダイニングからは、ビール工場内がガラス張りで一望もできます。


DSC03919 のコピー




このようにバラバラな家具でも、色彩と高さのバランスを加えることで、統一感とオシャレさが出るんですよね。




また、カウンターにはアアルトのK65を配置。



希少な50年代ホワイト塗装のヴィンテージを使い、側面の壁をモスグリーン、カウンターをブラックにすることで、よりモダニズムらしさを強調させています。


DSC03909 のコピー



そして定番のブックシェルフ。4連にすることで、グレーの壁に負けない存在感がありますね。


DSC03930 のコピー



DSC03929 のコピー




DSC03944 のコピー





そもそもビールという伝統的なお酒と、Alvar Aaltoという長年継承されて来た家具は、根幹部分で共通点があり、相性は抜群。


都内初となる本格的なAlvar Aaltoのヴィンテージ家具と、とにかく店主こだわりのむちゃくちゃ美味しいクラフトビールが愉しめるお店となっております。


11月14日オープンですので、宜しければぜひ、足を運んでいただけたらと思います。




【OGA BREWING】

〒181ー0013
東京都三鷹市下連雀4丁目1−16
0422−29−8210

営業時間 15時〜22時

定休日 火曜日



三鷹にクラフトビールとアアルトのヴィンテージ家具が愉しめるお店が誕生?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

北欧家具と美容室/ 竣工写真




はや、竣工から1年近くが経ちましたが、ようやく竣工写真が上がってきました。



カメラマンは藤井浩司さん。以前も紹介したオシャレなカメラマンさんです。




coverwithearth_001 のコピー



coverwithearth_004 のコピー




coverwithearth_006 のコピー





coverwithearth_008 のコピー





coverwithearth_010 のコピー





coverwithearth_013 のコピー



coverwithearth_014 のコピー



coverwithearth_016 のコピー



coverwithearth_019 のコピー



coverwithearth_018 のコピー



coverwithearth_021 のコピー



建築とインテリアの美容の融合という自分のテーマを、最大限、表現できたのかな?と思っています。



もちろん、ここから進化!して深化!笑



ここを起点として、もっとセンスを磨いていけたらと思います♪





竣工写真は素敵?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

建築とインテリアは同時進行がいい




一般的には、建築ありきで、その付帯したものがインテリア、という考えが主流です。



しかしながら、様々なインテリアを取り扱う中で、そのインテリアの個性というものが、建築とマッチングしないがために、全く活きていないという空間を多くみてまいりました。




それは主流の考え、すなわちインテリアが後回しになった結果であることは明白なのですが、残念ながら、多くの建築において、それが改善されているようには思えません。




あくまで建築は建築、インテリアはインテリアと、カテゴリーが別れてしまっているようにすら感じるほど、両者の距離は遠く、それらが統合されている、という空間は皆無に等しいのです。



しかしながら、過去にはコルビジェ、アアルト、ライトに代表されるように、建築とインテリアが同時進行してく空間が多く存在していました。




それは彼ら巨匠がインテリアの重要性に気づき、それを活かしながら建築も引き立たせるという相乗効果を理解していたからに他ありません。




建築からか、インテリアからか、そういった概念をまず取払い、同時に造り上げていく、という考えが広がりを見せれば、もっと活きてくる空間が増えていくのではないでしょうか。



48996050_592771144485408_567531403625889792_n.jpg
※筒井紀博空間工房



ちなみに、私事ですが、去年末に立ち上がった一般住宅のプロジェクトでは、建築家の筒井紀博氏と、インテリアコーディネーターでもある、モダン&コンテンポラリーSNORKを主宰する小山氏と僕が、設計段階から施主を交え打ち合わせをしながら建築を造っていく、という試みにも挑戦しています。



双方の視点を統合したとき、それぞれ単体では到達しえなかったレベルに空間が押し上げられるのではないか、と期待しております。




建築とインテリアは同時進行がいい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。