FC2ブログ
にほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ
にほんブログ村

design papaカーツの暮らしのいろは |

謹賀新年2021





あけましておめでとうございます。



kinngashinnen2021 のコピー





昨年は、様々な人との出会い、物との出会いができ、個人的には充実した一年となりました。



以前、イチロー氏が、「お金はどう稼ぐかより、どう使うかが大事」とおっしゃっていましたが、改めてその言葉の意味というものを理解することが出来たような気がします。



また、人との出会い、付き合いも、自分を成長させる、とても大きな要因であり、そういったものを今後も大事にしていきたいと思っています。




昨年はコロナ禍で様々な制約があり、不自由な年でしたが、今年は皆様が、普段通りに生活できることを切に願っております。




今年こそ、楽しく生活したい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

スポンサーサイト



Category : 未分類
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Alvar Aalto Arm Chair 401(133)




今回紹介するのは、アルヴァ・アアルトのラウンジチェア401



以前紹介した402よりもさらに座面が低く、またハイバック。ラウンジチェアとしての座り心地を追求したタイプです。



DSC06277 のコピー



特に、30〜40年代の401は、現行品や中古品とは違い、座面の沈み込み角度がついているので、ゆったりとした座り心地になっています。



アルヴァ・アアルトのビンテージ市場は、Stool60を中心に日本でも認知度、人気が高いですが、401や402のようなラウンジチェアはまだまだビンテージ市場では知名度も低く、また希少性もあるので、ショップに出回る事も少ないのですが、実際に目にし、触れてみると、本当に素晴らしい椅子です。



DSC06278 のコピー




さらにこの401は金具もオリジナル。30年代〜40年代の[AALTO DESIGN MADE IN FINLAND]の刻印も残っている希少なモデル。



DSC06280 のコピー



DSC06279 のコピー




長年、愛用できるように、内部はレストアし、当時も使われていたArtekのゼブラ生地を張ってみました。





アアルトのラウンジチェアも素晴らしい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Category : 未分類
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

Alvar & Aino | aalto design exhibition




フィンランドモダニズムを熟知したビンテージショップ、SNORKさんとPh.Dさんが、このたび、3日間限定でアアルトの企画展を開催します。




両社ともに、アアルトのトップピースを扱うショップなので、かなり期待できる展示になっているのではないでしょうか。






PhD-SNORK_alvar-aino_dm1 のコピー





2018年10月5日・6日・7日
10:30-19:30 ※7日は17:00まで
.
NO DESGIN GALLERY
NAKAMEGURO
.
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-7-2
.
【普遍性と創造性を軸に、自然豊かな地方を拠点にショップを営むPh.D.とSNORK。これまでも、アアルトヴィンテージに注目し力を入れ紹介してきた両社による“3日間限定“の企画展です。
近年、世界的に高い注目を集めるアアルトのヴィンテージ市場。日本に於いてその一翼を担う両社が、それぞれにセレクトした1930年代〜50年代にかけて製造された家具・ガラス・照明等を展示販売いたします】





PhD-SNORK_alvar-aino_dm2 のコピー



行ってみたい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Category : 未分類
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

新店舗計画(7)





【本厚木】新店舗スタッフ募集中








いよいよ、竣工間近です。



内装もほぼ終わり、あとは手直しと外構工事の一部を残すばかり。




DSC09474 のコピー





いやいや、本当に、自分のイメージを他者に伝えるというのが、いかに難しいかということを改めて思い知らされた現場でした。





自分の感性、知性、経験を総動員し、それを実践していくという作業は、机上の空論とはわけが違います。





DSC09483 のコピー





あらゆる場面で問題は出るし、弊害や障害がでます。



デザイン性と実用性の狭間でもがくこともあります。



しかし、こうしてここまでたどり着くことができたというのは、本当に感慨深いものがありますね。



あともう一息で終わり。



さあ、ラストスパートです。






実践するのは難しい?!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Category : 未分類
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback

ひたすら考える!(後編)





さてさて、「ひたすら考える!」ことが重要なのは、前回の話の通りなのですが、今回はもう少し掘り下げたいと思います。




この「ひたすら考える!」というのは、言い方を変えるとデザインや空間造りにおいて、「プロセスが大事」であるということと、同義なのです。



あdbfgfbs のコピー





例えば僕の仕事(美容師)でも同じで、思いつきで作ったスタイルと、熟考して作ったスタイルが、結果的に同じだったとしても、そのプロセスにおいての価値というものが、確実に違ってくるのです。




しかし、その違い(価値)というのは、一見、まして一度きりでは差が出づらいものです。




しかし、その根本の違いは、カットした人数が多くなればなるほど、時が経過すればするほどに、大きくなるものです。





dsvsdvsっっb のコピー




家具も、一見、大衆家具店の家具が、よく見えてしまうこともあるでしょう? しかし、大衆家具店などの家具と、老舗のデザイン家具との違いは、まさにこのプロセスと、経年による差にあるのです。




良いデザイン、良い空間には、必ずと言っていいほど、この「ひたすら考えた」プロセスがあるということなのです。




もちろん、闇雲に「ひたすら考え」ても駄目ですけどね、、笑




デザインや空間で大事なのはプロセス!と思った方は、
ブログランキングに参加していますので、よろしければ、
ぽちっと下のバナー↓↓↓(北欧モダン)
を押して下さい。大変励みになります♫

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


cover with earthのスタッフブログ
カバーウィズアースブログへ



他の方のインテリアブログに飛べます↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ



topへ



【TV出演のお知らせ】

「渡辺篤史の建もの探訪」


【web掲載のお知らせ】


HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る①』本物を知ろう

HOME'S PRESS『センスをDIY。デザイン家具の魅力に迫る②』フィンランドのDIY


デザインパパの活動については、こちら
「デザインパパの活動」

『現在のランキング順位はこちら』

Category : 未分類
Posted by デザインパパ カーツ on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。